NISA口座の比較&活用術
2013年11月12日公開(2016年7月14日更新)
バックナンバー

「NISA口座の比較&活用術」

著者・コラム紹介

NISA口座の比較&活用術

ザイ・オンライン編集部

NISA口座に最適な投資信託はこれだ!(バランス型)

NISAの口座開設をした人が直面するのが、「どんな商品を買ったらよいか」という問題だ。

 万人向けの投資信託はなく、どのようなタイプの投資信託を、どのような比率で組み合わせるかは、年齢や投資志向で決まってくる(下表参照)。

⇒株式型のおすすめ投資信託はこちらをクリック
債券型のおすすめ投資信託はこちらをクリック

投資の志向 積極運用 攻め&守り 保守的運用
中心年齢層 35歳未満 35歳以上、50歳未満 50歳以上
積み立てる
比率
債権方投資信託20%、株式型投資信託80%
債権方投資信託50%、株式型投資信託50%
債権方投資信託0%、株式型投資信託100%
1つだけ投資
するなら
カブと債券の比率が上記と似た比率で構成される投資信託
投資選定の
カギ
リスクの取れる若い世代、または既に安全資産を300万円程度保有しているなら積立は株式型の比率を高め高めリターン狙いもいい。10年単位で考えるなら新興国株式への投資も魅力だ。 値動きの異なる株式と債券を組み合わせ、積極運用と安定運用の両立を狙う。海外への投資するタイプを選べばよりリスクは分散されるが、分散を狙うならバランス型投資信託1本に絞るのも手だ。 老後資金など保守的運用を目指すなら再建型の比率をなるべく高めよう。海外の国債や公社債へ投資するタイプもいいが、その場合は為替ヘッジ月の投資信託にして、為替リスクは負わないように。

 

 今回から3回に分けて投資信託の各タイプ(バランス型、株式型、債券型)の解説と、投資信託に詳しいファイナンシャルリサーチの深野康彦さんが選んだ、主なネット証券でそれぞれの積み立てに向いた手数料無料で買える投資信託のリストを用意したので参考にしてほしい。

 まず今回はバランス型についての解説とおすすめ投資信託5つをご紹介しよう!

  ★ネット証券のNISA口座で買える積み立て向きのバランス型投信

投資信託名/運用会社 基準価格 信託
報酬
販売手数料無料のネット証券
純資産
【深野さんイチオシ】
野村インデックスファンド・海外5資産バランス

[野村アセット]
9861円 0.63%   楽天証券
  マネックス
  カブドットコム
1億円     SBI
  フィリディティ
【投資信託の特長】
先進国と新興国の株式と債券を全資産6分の1ずつ投資、残りの3分の1を海外リートに配分。新規設定の投資信託なので運用履歴はないが、資産の一部を海外資産で持ちたい投資家に最適。
世界経済インデックスファンド
[三井住友トラスト]
1万6722円 0.53%   楽天証券
  マネックス
  カブドットコム
40億円   SBI
  フィリディティ
【投資信託の特長】
先進国と新興国の株式と債券を全資産6分の1ずつ投資、残りの3分の1を海外リートに配分。新規設定の投資信託なので運用履歴はないが、資産の一部を海外資産で持ちたい投資家に最適。
基本組入比率は、日本、先進国、新興国のGDP総額の比率で決定。世界経済に占める各地域のGDPシェアに応じて、原則として年1回地域別構成比を見直す。運用成績は良好に推移中。
モーニングスターセレクトファンド
[
三井住友トラスト]
1万6305 1.83%   楽天証券
  マネックス
  カブドットコム
25億円   SBI
  フィリディティ
【投資信託の特長】
先進国と新興国の株式と債券を全資産6分の1ずつ投資、残りの3分の1を海外リートに配分。新規設定の投資信託なので運用履歴はないが、資産の一部を海外資産で持ちたい投資家に最適。モーニングスター・アセットマネジメントの投資助言を受け、実績のある広範囲ファンドの中から優れたファンドを選択し、また機動的な入れ替えを行ないながら好成績を続けている。
FPバランスファンド
[三菱UFJ投信]
1万2450 0.68%   楽天証券
  マネックス
  カブドットコム
7億円   SBI
  フィリディティ
【投資信託の特長】
先進国と新興国の株式と債券を全資産6分の1ずつ投資、残りの3分の1を海外リートに配分。新規設定の投資信託なので運用履歴はないが、資産の一部を海外資産で持ちたい投資家に最適。
独立系FP会社が運用の助言を行なっている。国内外の株式や債券、不動産に加え、商品(コモディティ)を投資対象として、長期的な世界経済の成長に合わせた運用の成果を目指す。
eMAXISバランス(波乗り型)
[三菱UFJ投信]
1万4224 0.53%   楽天証券
  マネックス
  カブドットコム
15億円    SBI
  フィリディティ
【投資信託の特長】
先進国と新興国の株式と債券を全資産6分の1ずつ投資、残りの3分の1を海外リートに配分。新規設定の投資信託なので運用履歴はないが、資産の一部を海外資産で持ちたい投資家に最適。
国内外の株式、債券、不動産に分散投資。資金配分は資産全体の7割は固定した割合で資産配分を行なうが、残りの3割は機動的に配分し積極的に収益を確保していく運用スタイルを取る。

 

◆投資信託の購入はまず証券会社口座開設から!

マネックス証券【証券情報⇒マネックス証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
100円 250円 450円
ネット証券比較!人気のマネックス証券の公式サイトはこちら!
【マネックス証券のメリット】
マネックス証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料なのに加えて、海外株(海外ETF含む)も購入時の手数料が全額キャッシュバックされる(=実質無料)。NISA口座で国内株の売買手数料が無料になるネット証券会社は複数あるが、海外株(海外ETF含む)の買付手数料が無料になるのはマネックス証券だけ! 低コストでNISAのメリットを最大限生かせるのでおすすめだ。
【関連記事】
◆AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!「株」&「投資信託」で資産倍増を目指せ!~第1回 証券会社を選ぼう~

◆マネックス証券おすすめのポイントはココだ!~日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
証券会社(ネット証券)おすすめ人気ランキング!マネックス証券会社の公式サイトはこちら

 

NISAで積み立てに向く投資信託1【バランス型】
内外の株や債券へ分散、資産配分も自動で調整

 「タマゴを一つの籠に盛るな」という有名な格言がある。籠を落としたらタマゴが全部割れてしまうので、大事なものは分散させて保有することの重要性を説いたものだ。

 資産運用の世界でも同じ。例えば株式など一つの資産だけに集中投資をしてしまうと、株式市場で暴落が起きた際に自分の資産に大きなダメージを被ってしまう。

 そうしたリスクを回避するためには「株式と債券」「国内と海外」など、値動きの異なる複数の投資対象に分けて投資するといい。お互いが値動きを打ち消し合い、全体としてリスクを抑える効果が期待できる。

 分散投資を行なうには国内株式型、外国株式型、国内債券型、外国債券型と、1本ずつ投資対象の異なる投資信託を選別して組み合わせてもいいが、それは投資ビギナーには無理なこと。

資産配分の修正も投資信託が自動で調整してくれる

 その点、バランス型ファンドであれば、運用のプロが投資家に代わってバランスの良い資産配分を考え、それに合わせて様々な資産へ分散投資してくれる。

 自分であれこれ考えなくても、バランス型ファンドを1本選んで保有するだけで、気軽に少額から分散投資を実現できるのだ。

 野村インデックスファンド海外5資産バランスのように、海外の不動産にまで資産を分散させているものもある。

 メリットは購入後にもある。投資では保有後も、リバランスといって経済環境の変化や投資先の価格の変動に応じて、上がった資産を売ったり下がった資産を買い増したりする必要がある。バランス型投信なら面倒なリバランスも運用のプロにお任せできる。

NISAとの相性は抜群で株式比率が高いほど若者向き

 NISAは売却すると非課税の特典が終了するので、リバランスが難しい。その点、バランス型投信なら自動的にリバランスしてくれるので、NISAと相性のいい投資信託だと言えよう。

 そのバランス型投信を積み立て投資すれば、買いタイミングの分散効果もプラスされるので、一段とリスクを抑えつつ、内外の株式や債券による運用のメリットを享受できる。

 注意点は「バランス型」といっても、投資信託ごとに資産配分など中身が異なること。一般的には株式の比率が高いほど、積極運用型でリスクも高いので若者向きだと言える。

*次回は深野さんが選ぶ【株式型】のおすすめ投資信託5つを紹介します!

◆投資信託の購入はまず証券会社口座開設から!

楽天証券 【証券情報⇒楽天証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
139円 341円 341円
ネット証券比較!人気の楽天証券の公式サイトはこちら!
【楽天証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料で、海外ETFの買付手数料も無料(売却時の手数料は必要となる)。海外株は米国、中国(香港)、アセアン各国と、幅広い銘柄が揃っている。さらに、投資信託のラインアップも2000本以上と充実しており、約半分は販売手数料が無料
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が詳細で見やすい!
◆スマホでNISAの取引、株と投資信託などを売買できるネット証券のランキングを発表!~主要ネット証券のNISA取引スマホ対応状況~
証券会社(ネット証券)おすすめ人気ランキング!楽天証券会社の公式サイトはこちら

»【毎週更新!】みんなが買っているNISAランキングはコチラ!

NISAに最適な証券会社とキャンペーンの最新情報が満載!NISAの最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!

【2016年12月1日更新!】
◆NISA口座の株式売買手数料や取扱商品、キャンペーンを徹底比較!
 NISA投資で利用すると得する、おすすめネット証券はココだ!

株式売買手数料
(税抜)
取扱商品
住民表取得代行の
無料サービスの有無
国内株 海外株 投資信託
◆マネックス証券
無料
米国株
中国株
900本以上
(300本以上は
販売手数料無料)
あり
(12月30日まで)
マネックス証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料なのに加えて、海外株(海外ETF含む)も購入時の手数料が全額キャッシュバックされる(=実質無料)。NISA口座で国内株の売買手数料が無料になるネット証券会社は複数あるが、海外株(海外ETF含む)の買付手数料が無料になるのはマネックス証券だけ! 低コストでNISAのメリットを最大限生かせるのでおすすめだ。さらに今なら、投資信託の販売手数料が全額キャシュバックされるキャンペーンが実施中!(12月28日まで)
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得!国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!「株」&「投資信託」で資産倍増を目指せ!~第1回 証券会社を選ぼう~
◆マネックス証券おすすめのポイントはココだ!~日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券
無料
米国株
中国株
アセアン株
2200本以上
(1000本以上は
販売手数料無料)
あり
(12月16日まで)
【楽天証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料で、海外ETFの買付手数料も無料(売却時の手数料は必要となる)。海外株は米国、中国(香港)、アセアン各国と、幅広い銘柄が揃っている。さらに、投資信託のラインアップも2000本以上と充実しており、約半分は販売手数料が無料
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が詳細で見やすい!
◆スマホでNISAの取引、株と投資信託などを売買できるネット証券のランキングを発表!~主要ネット証券のNISA取引スマホ対応状況~
楽天証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券
無料
米国株
中国株
韓国株
ロシア株
アセアン株
2200本以上
(1000本以上は
販売手数料無料)
あり
(12月31日まで)
【SBI証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料、かつ海外ETFの買付手数料も無料(売却時の手数料は必要)。米国、中国(香港)、アセアン各国のほか、韓国、ロシアなど、NISA口座対応の海外株が充実しているので、海外株に投資したい人にはメリット大!
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆SBI証券のおすすめポイントはココだ!~IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
SBI証券の公式サイトはこちら
◆松井証券
無料 × 90本
(すべて販売手数料無料)
なし
【松井証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料で、取り扱っているすべての投資信託の販売手数料も無料! 海外株の取り扱いはないが、国内ETF(上場投資信託)やREIT(不動産投資信託)の情報が充実しており、分散投資した場合の運用シミュレーション機能などは充実。顧客満足度調査でネット証券の中で1位になるなど、豊富な情報ツール、サポート体制も充実だ。
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆松井証券のおすすめポイントはココだ!~松井証券の無料サービスと個性派投資情報を使いこなそう!
松井証券の公式サイトはこちら
◆GMOクリック証券
無料 × × なし
【GMOクリック証券のNISA口座のおすすめポイント】
ここ数年、急激に株式市場での売買代金シェアを増やし、ネット証券の5強に割って入るなど、個人投資家の支持を集めているGMOクリック証券。NISA対応はしていないが、FXやCFDなど、商品ラインアップが豊富なので、NISAを入口にさまざまな投資に挑戦したい人におすすめ
【関連記事】
◆GMOクリック証券のおすすめポイントはココだ!~コストが激安な上にツール、情報も充実して大手ネット証券に成長
◆GMOクリック証券の株アプリ/株roid/iClick株を徹底研究!~適時開示情報やアナリストレポートも過去90日分が読める!
GMOクリック証券の公式の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券
無料
(※買付時のみ。
売却時は
90~1170円)

× 1000本以上
(500本以上は
販売手数料無料)
あり
(3月31日まで。
代行サービスを
利用しない場合は
500円プレゼント)
【カブドットコム証券のNISA口座のおすすめポイント】
個別株は買付時のみ手数料無料だが、「MAXIS 日経225上場投信」など13のETFは売買手数料が無料! さらに、NISA口座を保有していると、一般口座(と特定口座)の現物株式売買手数料が最大5%割引になる「NISA割」もお得! 500円から個別株に投資できる「プチ株」や、「プチ株」を毎月積み立て投資できる「プレミアム積立」も利用可能で、資金が少ない初心者向き!(ただし、「プチ株」「プレミアム積立」の場合は通常の手数料が必要)
【関連記事】
◆カブドットコム証券のおすすめポイントはココだ!~無料の「フリーETF」や 最強銘柄選びツールの賢い使い方とは?
◆【カブドットコム証券の株アプリ/kabu.com for iPhone/Androidを徹底研究!】取扱い商品、特殊注文、テクニカル指標、すべてが充実のアプリ!
◆スマホでNISAの取引、株と投資信託などを売買できるネット証券のランキングを発表!~主要ネット証券のNISA取引スマホ対応状況~
カブドットコム証券の公式の公式サイトはこちら
◆SMBC日興証券
125~1500円
(約定代金による)
× 700本以上
(250本以上は
販売手数料無料)
あり
【SMBC日興証券のNISA口座のおすすめポイント】
証券会社でトップクラスのIPO取扱実績を誇り、NISA口座でもIPOに参加できるので、公募価格の数倍になることもあるIPO投資で非課税のメリットを生かせるかも! 東証に上場する銘柄のうち、約2200銘柄に1万円から1000円単位で投資ができる「キンカブ(金額・株数指定取引)」もあるので、NISAの限度額120万円をムダなく使えるのも魅力。リスク分散したい慎重派にもおすすめ。
【関連記事】
◆SMBC日興証券のおススメポイントはココだ!~信用完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」が利用できる
SMBC日興証券の公式の公式サイトはこちら
◆岡三オンライン証券
99~1000円
(約定代金による)
× 160本以上
(50本以上は
販売手数料無料)
なし
【岡三オンライン証券のNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座の売買手数料が有料なのは残念だが、そもそも一般口座(と特定口座)の手数料はネット証券でも割安で、FXやCFD(くりっく株365)などの商品ランナップが充実しているので、NISAをきっかけにいろいろな投資をしたい人にはおすすめ。
【関連記事】
◆岡三オンライン証券のおすすめポイントはココだ!~個性的な「クライアント型」トレードツールと充実の投資情報が魅力!
岡三オンライン証券の公式の公式サイトはこちら
◆ライブスター証券
80~400円
(約定代金による)
× 1本
(ひふみプラスのみ。
販売手数料無料)
なし
【ライブスター証券のNISA口座のおすすめポイント】
顧客満足度調査の「ネット証券 手数料部門」で1位を獲得するなど、売買手数料の安さはネット証券でもピカイチ! NISA口座しか利用しない株式投資初心者には他のネット証券ほどメリットはないが、NISAをきっかけに長期的に投資を始めたいなら、手数料が安いライブスター証券はおすすめ!
【関連記事】
◆ライブスター証券のおすすめポイントはココだ!~日本株現物手数料はあらゆる価格帯で最安値
◆【ライブスター証券の株アプリ/livestar Sを徹底研究!】特殊注文&長期間の注文に対応。手数料の安さも魅力!
岡三オンライン証券の公式の公式サイトはこちら

 

優待名人の桐谷さんが「おすすめ」とお墨付き!
一般口座は約定代金10万円まで手数料無料、
NISA口座も手数料が無料!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!松井証券の公式サイトはこちら

 

Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!