フィリピン 2013年11月13日

【緊急レポート】超大型台風30号がフィリピンを直撃!

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さんの、今月6日にフィリピンを直撃した台風30号の緊急レポートです。


 11月6日(水)、フィリピンに帰国した翌日、超大型台風30号(国際名:ハイヤン、現地名:ヨランダ)がフィリピン中部のサマール、レイテそして私の農場があるビコール地方に向かっているとの情報が入った。

 運転手のボボイが「農場のファームハウスは耐えられるだろうか」と心配している。2006年、ビコール地方を直撃した台風レミン(国際名:ドリアン)では、私の農場のファームハウスの屋根が吹き飛んで大きな被害を被った。

 川沿いのスコーター(スラム街)はマヨン火山から流れ出た土石流に流され、数千人の死者が出た。屋根の修理にあたっては台風の対策は十分とったつもりだったが、台風レミンをはるかに上回る超大型台風とあってはいったい何が起こるか見当もつかず、ただあのときの光景がよみがえった。

 翌日7日(木)のマニラ新聞によると、中心気圧は920ヘクトパスカル、最大瞬間風速は80メートルで、上陸するころにはそれぞれ900ヘクトパスカル、85メートルととんでもない大きさの台風に発達すると予測されていた。

 さらに8日(金)の新聞では台風は東サマールに上陸する見込みで、上陸時には895ヘクトパスカル、90メートルという、私の生涯でも聞いたことのない猛烈な勢いになると報じられた。

 幸い農場が位置するビコールへの上陸は免れたようだが、その後の進路によりマニラも危険区域に含まれているので予断は許されなかった。

2006年の台風レミンで屋根が吹き飛ばされたビコールのファームハウス【撮影/志賀和民】
被害の状況を伝える現地メディアの映像ではすべての電柱が倒れ、道路が寸断されている
高潮で車も流されてしまったようで、まさに東日本大震災の光景だ

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。