橘玲の世界投資見聞録 2013年11月14日

「ぜったいに知られてはならない」教会の秘密を守るバチカン銀行
[橘玲の世界投資見聞録]

 イタリア現代史を揺るがせたバチカン銀行のスキャンダルについて2回に分けて書いた。

●バチカン市国「神の資金」を扱う闇の男たち -前編-
●バチカン市国「神の資金」を扱う闇の男たち -後編-

 教皇ヨハネ・パウロ1世は、バチカンがフリーメーソンの秘密組織「P2」に侵食され、バチカン銀行が南米の麻薬取引をはじめとするマフィアビジネスに深く関わっていることを知り、バチカン銀行総裁マルチンクス司教の更迭を決めたが、その直後、1978年9月に在位33日間で謎の死を遂げた。

イタリア宗教事業協会(バチカン銀行) 写真:Abaca/アフロ

 アンブロジャーノ銀行の頭取ロベルト・カルヴィは「神の銀行家」と呼ばれ、バチカン銀行との取引を一手に引き受けていたが、銀行は13億ドルの負債を背負って1982年に破綻し、カルヴィはロンドンのテムズ川にかかる橋で首吊り死体で発見された。

 この驚愕すべき事件の後日談を膨大な資料を駆使して描いたのが、イタリアのジャーナリスト、ジャンルイージ・ヌッツィの『バチカン株式会社』(柏書房)だ。

レナート・ダルドッツィが残した4000点の内部資料

 数学・工学・哲学・神学の学位を取得し、企業経営者を経て51歳のときに天職として聖職者の道を選んだレナート・ダルドッツィは、その教養と豊富な社会経験を買われてバチカン銀行の醜聞処理を任されることになる。ダルドッツィは20年間にわたってメモや文書を丹念に整理・保存しており、その量は4000点に及んだ。生前はバチカンの掟に従って沈黙を守りつづけたダルドッツィは、その資料を知人に預け次のような遺言を残した。

「この書類を公表すること。何が起きたのかをみなが知るように」
 

 ジャーナリストのジャンルイージ・ヌッツィはこの内部文書を入手し、バチカンのもっとも奥深い秘密を暴いた。

 このことについて述べる前に、イタリアという国の特殊な事情をかんたんに説明しておきたい。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。