フィリピン 2013年11月20日

超大型台風30号がフィリピンを直撃!【その2】

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さんの、今月8日にフィリピンを直撃した台風30号の緊急レポート第2段です。

 超大型台風30号(国際名:ハイヤン、現地名:ヨランダ)が直撃したとき、レイテ島にいて一時音信普通となっていた退職者の五十嵐忠幸さんが、台風から9日目の11月17日(日)、パスポートの受け取りに事務所を訪問された。

 五十嵐さんは16日(土)にレイテ島のオーモックからセブ島に船で渡り、翌日、セブ空港からマニラに戻ってきたのだ。

フィリピン人妻はただひたすら祈り続けた……

 ビザの発行を待っている間、五十嵐さんは3週間ほど奥さんの実家のあるレイテ島のオーモック市(タクロバン市の南西約50km)に建てた家に滞在していた。台風が襲った11月8日(金)にタクロバン空港からマニラに戻り、ビザを受け取って10日(日)に日本へ戻る予定だった。

 7日(木)にオーモックから航空会社に連絡したところ、8日(金)のフライトはキャンセルの可能性が高いということなので9日(土)のフライトに変更し、7日中にタクロバンに移動する予定だったのを思いとどまった。

 そして8日の早朝から強風が吹き始め、超大型台風がサマール島、そしてレイテ島に上陸したのだ。もし強風と高潮で壊滅的被害を被ったタクロバンに移動していたら、家族全員の生命はなかっただろうと五十嵐さんは振り返る。

 早朝7時ごろから吹き始めた強風は、9時ごろに最大となった。 窓ガラスが割れ、家の中のものは風雨に飛ばされ、1メートル先も見えなくなった。フィリピン人の奥さんのルシベルさんは、ひたすら神に祈りをささげるだけだった。強風は午後2時ごろまで続き、いったん収まったが、30分後には方向を変えてさらに強烈な風が吹き始めた(台風の目が通過したのだろう)。

 家は頑丈に作ってあったが、そのため、屋根が吹き飛ぶ代わりに、天井が屋根の骨組みとともに落下した。奥さんはヘルメットをかぶって部屋の後片づけを始めたが、五十嵐さんは屋根の修復にどれだけお金がかかるのか、懐が心配になったそうだ。

水浸しになった部屋をヘルメットをかぶって掃除するルシベルさん【撮影/五十嵐忠幸】
天井が骨組みもろとも落下してしまった【撮影/五十嵐忠幸】
屋根の一部が吹き飛ばされ、空気抜けとして機能して、他は無事だった【撮影/五十嵐忠幸】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。