ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

米QE3縮小見送りの“ツケ”
ECB利下げで緩和競争再燃か

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2013年11月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「いや、日本に似ているとは思っていない」。ECB理事会が利下げを決定した11月7日に、ドラギ総裁は記者会見でそう述べた。

 ユーロ圏の10月のインフレ率は前年比0.7%と9月の同1.1%から一段と低下した。一方で、ドイツのブンデスバンクは金融緩和の副作用で住宅ブームが過熱していると10月下旬に警告していた。今回の理事会で彼らを中心とする北欧勢は利下げに猛反対した模様だ。これほどの“南北対立”が勃発したのは異例といえる。

 日本のようなデフレを警戒したからこそ、ドラギはゴリ押ししてでも0.25%の利下げを決定したのではないか? と多くの記者が感じたが、冒頭の発言のようにドラギはそれを否定する。人々のインフレ期待は2%で落ち着いていると彼は語った。

 実際、今回の理事会の2日前に、欧州委員会は来年の物価予測を1.5%と発表したばかり。通常、両者の経済見通しに大きな開きは表れない。両者とも原油価格の影響が剥がれれば物価は緩やかに上がると見ている可能性がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧