ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
不況前の常識では勝ち残れない! 業界別「経営戦略実践講座」

傷は浅くても不確実性が多い通信業界
財務体質強化で「面の戦略」を展開せよ!

デロイトトーマツコンサルティング
【第6回】 2009年10月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 戦略のパラドックスに陥らないために、「不確実性」をどうやって回避すればよいのか――。

 これまで分析してきた各業界にとって、これは企業の存亡を決しかねない重大なテーマだった。しかし、今回採り上げる通信業界では、短期的に見ればリーマンショックの影響はそう大きくない。

 もちろん、油断はできない。経済環境の悪化によって事業展開のスピードが鈍くなれば、中期的な競争環境が変わる可能性があるためだ。

 今後通信事業者は、自由度を確保して事業を前進させる「財務的な体力の蓄積」が必要になる。

経済恐慌による事業発展の停滞は
中長期的な競争の構図を変える?

 まず、通信業界が置かれている現状の分析から始めよう。

 前述のように、通信業界は国内外とも経済恐慌の悪影響を大きく被っていない。企業活動や消費生活における情報流通や商取引には、ITやインターネットなどが深く入り込んでいるからだ。今やそれらの業務や手続きにおいては、「通信」が必要不可欠な社会基盤になっている。

 しかし、瞬間的インパクトは小さいものの、ミクロレベルでは事業収益への影響が出始めていると思われる。経済恐慌の影響を受けた企業や消費者がモノやサービスに対する「経済性」の関心をより強め、それが通信サービスにも及んできていると考えられるからだ。

 では、今後通信業界にはどのような「不確実性」が横たわっているのか。今回の不況が通信事業に大きなインパクトを与えかねないシナリオを、いくつか考えてみよう。

 1つ目のシナリオは、顧客のコスト削減志向の強まりによって、顧客維持が難しくなるケースだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティングの専門家8人が、毎週交代で執筆を担当。筆者名/松下芳生(デロイトトーマツコンサルティング(以下DTC)パートナー兼常務取締役、デロイトトウシュトーマツ(DTT)アジアパシフィックコンシューマービジネスインダストリーリーダー)、佐瀬真人(DTCパートナー)、矢矧晴彦(DTCパートナー)、高橋淳一(DTCシニアマネジャー)、大日方 隆(DTCシニアマネジャー)、高橋俊成(DTCマネジャー)、西川陽介(DTCマネジャー)、細川敦邦(DTCマネジャー)
デロイトトーマツコンサルティングのHPはこちら


不況前の常識では勝ち残れない! 業界別「経営戦略実践講座」

世界危機の後遺症で、経済は過去に例がないほど「不確実性」を増している。激動の市場で企業が勝ち残るためには、新たな経営戦略のアプローチが必要不可欠となった。その手法を、大手コンサルファーム・デロイトトーマツコンサルティングの専門家たちが、業界別に徹底指南する。

「不況前の常識では勝ち残れない! 業界別「経営戦略実践講座」」

⇒バックナンバー一覧