HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

負けないオトコの食事学

今年こそ「忘年会太り」から卒業できる!
年末に太ってしまう人がついついやりがちな3つのパターン

石坂優子 [栄養アドバイザー]
【第3回】

12月に入りましたね。忘年会シーズンで胃腸薬が手放せない人も多いのではないでしょうか? また、気づくとこの時期になると毎年必ず太ってしまう、という声もよく耳にします。飲み会続きだからしかたない、と思っているあなたに朗報。今回は、「今年こそは絶対太らない忘年会シーズンの過ごし方」についてご紹介したいと思います。

忘年会シーズンで太ってしまう人と
なぜか太らない人の違いとは?

 12月といえば、そう忘年会のシーズンです。なかにはクリスマスパーティも入れたら、すでにイベントが3つ以上、忘年会掛け持ち、なんて強者もいるのではないでしょうか? そして、気がついたら、毎年、年末になると体重が3kgは増えている、なんて人も多い時期です。栄養士として12月の食事日記をチェックしていると、必ずといっていいほど、

12月×日 夜:忘年会 19時~22時
食べた内容:から揚げ 3個、ポテト 片手いっぱいほど、シーザーサラダ お皿に1杯ほど、鍋 2杯くらい、ごはん 1杯
飲んだもの:ビール 中ジョッキ2杯、レモンサワー 3杯、日本酒 1杯

 男女にかかわらず、こんな食事内容が出てくるケースが目につきます。もちろん、場所やお店は違うのに、「忘年会」というだけで、同じようなメニューが並ぶことはめずらしくありません。上の食事日記を見て、「あ~まるでこの時期の自分の食生活のようだ」と苦笑いしている人もいるのでは?

 そう、この食事内容こそが、最初に書いた「毎年この時期になると体重が3kgは増えている」人の食事パターン。「忘年会続きだから太ってもしかたない」「飲み会は断れないから、ダイエットは少しお休み」という人、では少し周りを見わたしてみてください。同じように飲み会に参加していても、全然太らない人はいませんか? 昨日も、その前のパーティでも同じように楽しい時間をすごしたのに年末太りとは無縁な同僚と、必ず太ってしまうあなたとの違いはいったい何でしょうか?

 今回は、この「年末に太る人」が陥りやすい3つの共通点についてお話ししたいと思います。

1 2 3 4 5 >>
関連記事
このページの上へ

石坂優子(いしざか・ゆうこ) [栄養アドバイザー]

美容栄養アドバイザー、フードコーディネーター。
1985年生まれ。2007年ミス・ユニバース・ジャパンに出場し、ファイナリストに選ばれる。大会出場後、人の体と食の関係の深さに触れ、栄養士資格取得のために進学。レストランの厨房、健康系カフェのスイーツ・フードコーディネーターのアシスタントなどさまざまな食の経験を積む。栄養士、サプリメントアドバイザーの資格を取得後、フードコーディネーターとして活動をスタートさせる。2009年より、ミス・ユニバース・ジャパンの美容栄養トレーニング講師として後輩たちに食事の指導を行う。現在は、美容栄養アドバイザーとして、デニーズをはじめとするファミリーレストラン、社員食堂、スーパーマーケット、メーカー等の企業やメディアと一緒に健康系メニュー・レシピの開発を行っている。著書に、『おいしい!ヘルシー!ヨナナスレシピ』(池田書店)がある。


負けないオトコの食事学

老けて見える人と若く見える人、リーダーになれるオトコとなれない男、女性社員から慕われる上司、嫌われる上司……。両者の間にはある決定的な違いがあった! それは「食の選び方・摂り方」だ。体の不調もリーダーシップも、社内人事も「食」でコントロールできるとしたら!? 元ミス・ユニバース・ジャパン ファイナリストであり、著書『美健丼 美味しく食べて健康になる丼レシピ53』が人気の栄養アドバイザー石坂優子氏が、一流のビジネスパーソンになるための食事法を詳しく解説していきます。

「負けないオトコの食事学」

⇒バックナンバー一覧