ベトナム 2013年12月11日

バイク乗りの天敵・交通警察官との闘い・前編【ベトナム・ホーチミン市のトンデモ交通事情・その3】

日本で15年間の編集者生活を送った後、ベトナムに渡って起業した中安さん。日常的にバイクに乗る中安さんが日々体験するホーチミン市のバイク渋滞。現地に行ったことがある人ならいちどは経験、そして「なぜ?」と疑問に思う、ベトナムならではの交通事情とは?

 ベトナム・ホーチミン市における交通事情の話の第3回目。

賄賂はこっそり渡さなければならない

 クリーム色の制服を着た警官、これが交通警察官だ。バイクに乗っている人間にとっては「天敵」である。交通事情の話をするうえで、交通警察との闘いについて触れないわけにはいかない。

 私が最初に、交通警察官に捕まったのは、1998年のこと。左折禁止の交差点をうっかり曲がったところで、待ち構えていた警察官に止められた。以下、そのときの会話を再現するが、当時はベトナム語が皆目分からないから、会話はボディランゲージが中心で、内容は想像力で補ったものである。

「キミ、キミ、ここは左折禁止なんだよ」
 確かに警官の指さす方向を見ると、左折禁止の交通標識が立っている。が、私が走ってきた方向からだと、街路樹が邪魔になって、まったく見えない。

「免許は?」
 警官も、私が外国人だと分かって、身振り手振りを交えながら話しかけてくる。ベトナムでは国際免許は通用しないので取得しておらず、旅行者なのでベトナムの免許も持っていない。日本の運転免許証を見せるが、当然、「これじゃダメ」と却下された。

 押し問答をしているうちに、彼は自分のカバンの中からピカチューが表紙になった可愛いノートを取り出し、そこに「50000」という数字を書いた。ははーん、5万ドン(当時の通貨レートで約440円)を払えば見逃してやるということだな。

 私は、ポケットの中から当時の最高額紙幣である5万ドン札を取り出して、彼に渡そうとすると、何と彼は「とんでもない!」という風に、慌てて受取りを拒否する。どうして?

 謎はすぐに解けた。彼は私に背を向けた状態で、背中のほうに回したショルダーバッグのふたを開けたのである。そうか、現金を直接、受け取るのは良くないんだ。空いている彼のカバンに私が自発的にお金を入れた、ということにしたいんだな。

 私は折りたたんだ5万ドンを、彼のカバンの中に入れた。

 彼はピカチューのノートをしまいながら、中に5万ドン札が入っているのを確認したようだ。それで無罪放免となった。

 ちなみに、左折禁止の標識は、やはり見えにくいらしく、私が問答をしている間にも、他のバイクがやって来ては、別の警官に止められている。まさに入れ食い状態だった。

取締中の交通警察官。基本的に2人一組だ。違反の取締まりを実施している箇所は、大体決まっている。見通しの悪い交差点を曲がった直後は、要注意ポイントだ【撮影/中安昭人】
初めて交通違反で捕まったときに払った5万ドン札と同じもの。ただしこの紙幣は今は使われておらず、ポリマー製の紙幣に代わっている【撮影/中安昭人】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。