HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴

TPPで農業や自動車産業のバーターに
アメリカに差し出される日本の医療

早川幸子 [フリーライター]
【第63回】

 年内妥結を目指す環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の雲行きが、日米間の激しい対立によって怪しくなっている。

 日本市場でシェアを拡大したいアメリカは、妥協して年内妥結するよりも、できるだけ自国に有利な合意を引き出そうとしているとも伝えられる。

 アメリカが求めるのは輸入品全品目の関税撤廃だが、日本はコメ・麦、砂糖などの農産品5項目の関税維持を要求。これが死守できなければ、政権を揺るがす事態も考えられるため、さすがの日本政府も一歩も譲らない構えだ。

 そこで、農業や自動車産業を守る代わりに、バーターとして差し出される可能性があるのが医療分野だ。

2011~2013年で変化した
USTRの対日要求

前回の本コラムで、TPPが発効されても「混合診療の全面解禁」「株式会社による病院経営への参入」が実現する可能性は極めて低いことをお伝えした。

 だからといって、アメリカが日本の医療分野での市場開放要求を諦めたわけではない。とくに輸出拡大による雇用創出と経済成長を目標にするオバマ政権下ではその圧力が強まっている。

 だが、日本で混合診療の全面解禁を行うには法改正が必要だ。経済的にも政治的にも困難が伴うため、日本政府もそう簡単に首を縦にはふらない。そこで、手間のかかる混合診療の全面解禁はとりあえず棚上げにして、てっとり早く自国産業の利益を確保できる要求へと軸足をずらしたのだ。

 では、アメリカの要求はどのように変わったのか。

1 2 3 4 >>
関連記事
このページの上へ

早川幸子(はやかわ・ゆきこ) [フリーライター]

1968年、千葉県生まれ。明治大学文学部卒業。編集プロダクション勤務後、99年に独立し、以後フリーランスのライターとして女性週刊誌やマネー誌に、医療、民間保険、社会保障、節約などの記事を寄稿。現在、ダイヤモンドオンライン「知らないと損する! 医療費の裏ワザと落とし穴」、医薬経済社「ウラから見た医療経済」などのウェブサイトに連載中。13年4月から朝日新聞土曜版be on Saturday(青be)の「お金のミカタ」を執筆。「日本の医療を守る市民の会」発起人。


知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴

国民の健康を支えている公的医療保険(健康保険)。ふだんはそのありがたみを感じることは少ないが、病気やケガをしたとき、健康保険の保障内容を知らないと損することが多い。民間の医療保険に入る前に知っておきたい健康保険の優れた保障内容を紹介する。

「知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴」

⇒バックナンバー一覧