ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

平均参加回数は? 平均費用は? 失敗談は?
1年の締めくくり、最新忘年会事情

小川 たまか
【第155回】 2013年12月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 そろそろ1年を締めくくる忘年会のシーズン。職場関係や友人たちと飲食を共にする楽しい時間だが、もろもろの事情が垣間見える瞬間でもある。そこで今回は、3つのアンケートから、最新の忘年会事情を探ってみよう。

 引用するアンケート調査は次の3つ。

 (1)ライフメディアのリサーチバンクが調査した「忘年会に関する調査」。調査期間は11月20日~27日。対象者は20歳以上の全国の男女。

 (2)トレンド総研が行った「忘年会幹事500人への調査」

 (3)リクルートライフスタイルが行った「外食マーケット基礎調査」。調査期間は9月20日~10月1日。首都圏、関西圏、東海圏に住む20~69歳の男女を対象に行い、有効回答数は9248件。

忘年会幹事が苦労すること
「ドタキャン対応」「2次会会場探し」

 (1)の調査によれば、「あなたは今年、忘年会に参加する予定はありますか?」という問いに「参加する(した)」と答えた人は全体の42.5%。「参加しない」は38.3%で、「検討中」は19.2%。女性より男性の方が参加する割合は多く、参加する男性が50.3%なのに対し、女性は34.7%だった。また、参加する人(637人)に何回参加する予定かを聞いたところ、1回と2回がそれぞれ33.8%と36.1%。3回と答えた人は20.4%で、5回以上という人も4.7%いた。

 また、参加する忘年会は、職場関係のものと答えた人が最も多く(66.7%)、続いて友人・知人(57.6%)、サークルなどの仲間(21.0%)、家族・親族(11.0%)、取引先関係(6.4%)だった。

 (2)の調査(忘年会幹事500人への調査)では、20~30代の男女のうち78%が忘年会を行う予定があり、平均実施回数は3.1回。(1)の調査より回数が多く出ているのは、「忘年会の幹事」を務めるようなキャラクターは忘年会に自ら積極的に参加し、また誘われやすいということがあるのかもしれない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ザ・世論~日本人の気持ち~

価値観が多様化し、隣の人の考えでさえ分かりづらい現代。注目のテーマについて、みんながどう考えているか気になるところだろう。この連載では様々な統計、調査結果等を取り上げ、その背景にあるトレンドや人々の意識を分析。現代の「日本人の気持ち」=「世論」を探っていく。

「ザ・世論~日本人の気持ち~」

⇒バックナンバー一覧