ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

株価・地価上昇からバブルファッション復活まで
「再びバブルがやって来た」の巷説は本当なのか?

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第305回】 2013年12月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

アベノミクスでバブルは再来するか?
バブルが簡単にできる「2つの要因」

 「アベノミクスでバブルが再来するのか?」

 最近、講演会のレセプションでこういうことをよく尋ねられる。そのとき、「バブルができるかどうかは今後の動向次第だが、少なくともアベノミクスはバブルをつくろうとする経済政策だ」と答えている。

 アベノミクスの重要な政策の1つである“異次元の金融政策”が、その鍵を握っている。“異次元の金融政策”によって大量の資金が供給され、そのお金が株式や不動産市場に流れ込むと、株式や不動産の価格を高騰させることが考えられる。その意味では、アベノミクスは意図的にバブルをつくって景気を押し上げようとする政策と言える。

 そもそもバブルとは、株式や不動産などの価格が理論的に正当化できないほど上昇してしまう現象だ。この定義を聞くと、バブルとはとても大変な現象のように感じるかもしれないが、バブルは我々の身の回りではよく起きる経済現象だ。つまり、特別なことではない。

 わが国では1980年代後半、株式と不動産の価格が高騰し、大規模なバブルが発生した。わが国以外でも、1990年代後半、IT銘柄を中心に世界的な株式のバブルが発生した。その株式バブルは2000年に弾けたものの、その後投資資金が不動産市場に回り、大規模な不動産バブルが発生した。

 世界的な不動産バブルの結果がサブプライム問題であり、それに続くリーマンショックだった。米国経済はようやくバブルの跡始末を終えたようだが、欧州経済は未だにバブルの後始末に苦しんでいる。

 バブルは、時として意外に簡単にできるものである。バブルができるためには、2つの要因が不可欠だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧