橘玲の日々刻々 2013年12月17日

「教育を変えれば日本が変わる」という幻想
[橘玲の日々刻々]

 政府の教育再生実行会議が、知識偏重の大学入試をやめて「人間力」で生徒を選ぶべきだと提言しています。面接や論文、高校の推薦書、部活動やボランティアの活動歴などから21世紀の日本を担う“グローバル人材”を選抜し、育てていくのだそうです。

 ところで「人間力」とはいったい何でしょう? これは下村博文文部科学大臣が簡潔に説明しています。

 ひとつは、多様な価値観や人をまとめていくリーダーシップ力。二つめは、企画力や創造力などクリエイティブ能力、そして人間的な感性や優しさ、思いやりだといいます(11月22日付『朝日新聞』)。

 素晴らしい提言のようですが、こういう耳障りのいい話は疑ってかかった方が間違いありません。

 そもそも、試験官が生徒の「人間力」を主観的に判断して合否を決めるのは最悪の選抜方法です。これでは不合格の烙印が、学力ではなく全人格を否定された証拠になってしまいます。学科試験の成績がよかったのに落とされた生徒は、深く傷つき社会を恨むようになるでしょう。

 それに対して点数での判定は、試験に落ちても「ヤマが外れた」「体調が悪かった」などいくらでも逃げ道が用意されています。あれこれ文句をいいながらもみんなが受け入れてきたのは、これがいちばん公平な選抜方法で人格を傷つけることがないからです。

 日本の大学のいちばんの問題は教師や学生の流動性がきわめて低いことで、これは日本社会の特徴でもあります。偏差値の高い大学に入っても授業についていけない学生もいれば、「三流」と呼ばれる大学にも優秀な学生はいるでしょう。だったら、できの悪い学生は転学・転部させ、優秀な学生を転入させる仕組みがあればいいだけです。

 それに加えて「世界」を目指す大学は、優れた教師をスカウトして無能な教師をリストラし、留学生にも広く門戸を開放して授業はすべて英語で行なうようにすべきです。そうすれば一流の教師の下に優秀な学生が集まるようになり、グローバルな大学ランキングでも順位は大きく上がるでしょう。

 しかしこの話には、もっと本質的な問題が隠されています。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。