経営×ソーシャル
ソーシャルメディア進化論2016
【第46回】 2013年12月24日
著者・コラム紹介 バックナンバー
武田 隆 [クオン株式会社 代表取締役]

【伊藤博之氏×武田隆氏対談】(中編)
初音ミク生みの親が語る
0.5%ではなく99.5%に受け入れられるモノづくり

“音を売る”ニッチビジネスが開花した瞬間とは

2007年に初めて発売され、いまでは日本を飛び出して世界各国で絶大な人気を誇るボーカロイド「初音ミク」。いったいどういういきさつで彼女は生まれ、どのようにして人気に火がついたのだろう?
生みの親である伊藤博之氏にお話を伺えば伺うほど、なるほどと得心できることがある。「幸運は、準備と機会がめぐりあったときに起こる」という名言のとおり、このボーカロイドが爆発的ヒットへと至った道すじには、どうやら何年も前からいくつもの“準備の種”が蒔かれていたようだ。

公務員からクリプトン・フューチャー・メディア社長に

武田前回、音源をつくって海外に販売することがクリプトン社の原型だったと伺いました。その事業が軌道に乗って、法人化されたわけですか?

伊藤博之(いとう・ひろゆき)
1965年、北海道生まれ。北海学園大学経済学部卒業。北海道大学に職員として在籍後、1995年、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社を札幌市に設立。効果音やBGM、携帯電話の着信メロディなど、音に特化した事業を展開。2007年音声合成ソフト『初音ミク』を発売、大ヒット商品となる。北海道情報大学客員教授。

伊藤 事業と言っても利益はほとんどなくて、あくまで趣味のレベルでやっている、いまで言えば同人みたいなものでした。あと実は、僕はその当時公務員だったんですよ。

武田 初音ミクの父は元公務員だったんですね。

伊藤 はい(笑)。高校卒業後に公務員試験を受け、北海道大学に配属されて、そこで職員として働きながら別の大学の夜間部に通っていました。音の同人を始めたのは、23〜24歳のころですね。

武田 音の同人活動は、仕事が終わった後の趣味でやっていたということですか?

伊藤 そうです。そして、1992年ころには、輸出販売でつながった世界中の知り合いから、自分の音を日本で売ってくれないかという依頼を受けるようになったんです。当時は円高になってきていたので、音を輸出するより輸入するほうが割がよくなっていた。じゃあ今度は日本の雑誌に広告を載せて、世界中の音楽クリエイターの音を日本で売ろうと、事業内容を転換しました。公務員は副業をしてはいけないので、知り合いに協力してもらって自分は手伝うだけというかたちでしばらくやっていました。

武田 二足のわらじを履いていたんですね。

伊藤 それが、思ったよりも本格的なビジネスになってきたので、いつまでも裏稼業としてやるわけにもいかなくなってきて(笑)。そこで公務員をやめて「クリプトン・フューチャー・メディア」という会社をつくりました。それが1995年のことです。

武田 1995年というと、インターネットが本格的に普及してくるくらいの年ですね。もう日本でも、モザイク(※米国立スーパーコンピュータ応用研究所[NCSAが、1993年にリリースしたウェブブラウザの元祖といえるソフトウェア)からネットスケープネットスケープコミュニケーションズ社のウェブブラウザ)に変わっていたかな……。

伊藤 そうそう、その頃です。僕らもネットで何か事業をしたほうがいいという気持ちがあったんですけど、いかんせん、実際やっているのは音楽ソフトウェアの制作や輸入販売だったので、華々しくなくて。

武田 インターネットのブラウザや検索エンジンを開発するなど、ウェブのテクニカルなことをやっているIT企業が特にカッコよく見える時代でしたね。

伊藤 そうなんです。僕らはIT企業というより、音楽ソフト屋といったほうがしっくりくるビジネスで……主要取引先はイシバシ楽器などの楽器店でしたからね(笑)。でも、インターネットの可能性はずっと感じていました。

武田 隆(たけだ・たかし) [クオン株式会社 代表取締役]

日本大学芸術学部にてメディア美学者武邑光裕氏に師事。1996年、学生ベンチャーとして起業。クライアント企業各社との数年に及ぶ共同実験を経て、ソーシャルメディアをマーケティングに活用する「消費者コミュニティ」の理論と手法を開発。その理論の中核には「心あたたまる関係と経済効果の融合」がある。システムの完成に合わせ、2000年同研究所を株式会社化。その後、自らの足で2000社の企業を回る。花王、カゴメ、ベネッセなど業界トップの会社から評価を得て、累計300社のマーケティングを支援。ソーシャルメディア構築市場トップシェア (矢野経済研究所調べ)。2015年、ベルリン支局、大阪支局開設。著書『ソーシャルメディア進化論』は松岡正剛の日本最大級の書評サイト「千夜千冊」にも取り上げられ、第6刷のロングセラーに。JFN(FM)系列ラジオ番組「企業の遺伝子」の司会進行役を務める。1974年生まれ。海浜幕張出身。


ソーシャルメディア進化論2016

「ソーシャルメディア進化論2016」

⇒バックナンバー一覧