HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

「1年で最もつらい」「孤独感に一層拍車がかかる」
“引きこもり”たちのクリスマス

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第180回】

 「それで、M君はいま、どうされているんですか?」

 最近、そんな質問をよく受ける。

 約12年間引きこもっていた40歳代のM君から、「社会に出たい」「何かいい案はないでしょうか」などと打ち明けられ、彼が自立を目指して一進一退を繰り返す苦悩に向き合い続けた『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)を出版してから3ヵ月余り。

 M君と同じような状況にある当事者、関心のある人、あるいはメディア関係者の中にも、本を読んで、その後の彼の様子を気にかけてくれる人がいる。だから、そう聞かれるたびに、ほんわかとした人の心の温かみを感じるのだ。

 実は、この本には後日談がある。

 M君は自分のことが書かれた同書を読んだところ、まるで幽体離脱して上から自分の姿を見つめているかのように、自分自身を客観視できたというのだ。

 その後、M君はアパート近くのスーパーなどの求人募集を頼りに、アルバイトを探し始めた。

 結論を言えば、40歳代という年齢がネックになって、電話で話をした段階で面接も受けさせてもらえずに断られ続けたという。そのため、この冬も、仕事に就くまでには至っていない。

 とはいえ、12年間引きこもっていた当事者が、あきらめの境地から脱して、自らの意思で再びアルバイトに応募し続けたという行動自体、大きな第一歩だ。

 本人からこの話を聞いたとき、筆者も彼との3年間の一進一退ぶりを思い出して、少しばかり報われたような気がした。

 そんなM君が、こうポツリと言った。

 「これからクリスマスにかけてが、1年でいちばんつらい時期なんです。彼女のいた経験がほぼ皆無なので、街に出ても孤独感に一層拍車がかかりましたね」

 きっと、こういう質問をされるのも嫌だろうと思って、あえて他の引きこもり当事者たちには確認していない。でも、当事者たちにとって、街にクリスマスソングが流れるこの季節が、もっともつらい時期だという話は、以前から聞いていた。

1 2 3 4 >>
関連記事
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧