ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
分類王・石黒謙吾の「発想を広げるインフォグラフィック思考」

「体位48手」を大マジメに構造学的見地から
集合図&カワイイアイコンで完全分類してみた

石黒謙吾 [著述家・図考師]
【第10回】 2013年12月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

伝えたい情報を直感的にわかるように、グラフィカルに表現する「インフォグラフィック」。この「相手がぱっとわかるように工夫する」という考え方のクセそのものが、コミュニケーション上手にしてくれるはず。本連載は、情報をよりわかりやすく、という枠を超え、発想そのものを広げるための教科書だと思ってください。どうやってこのアウトプットに辿り着いたか、発想のスタート地点から解説していくことで、「考え方のプロセスと構造」がわかります。今回はなんと「体位48手」! 雑誌編集者時代の積み重ねが、こうしてインフォグラフィクスになりました。もちろん、“仕事としての”積み重ねです。

雅や粋が詰まった奥深き「体位48手」
ネーミングは「見立て」そのもの

 今回は、クリスマスイブ当日更新らしいネタといえましょうか。誰しもが(でもない?)興味あるのにオモテだっては積極的に話題にしにくいアレを、アカデミックに分解、検証、図式化、俯瞰してみたいと思います。

 大部分の日本人は「体位48手」の詳細を把握しているわけがない。そもそも、覚える必要ありませんから。なんとなく、基本的な7つ8つあたりはわかっているとして、あとは、アクロバティックな体勢のものとか、コミカルともとれる奇異な(笑)スタイルのものがあるのだろう、ぐらいの認識のはず。

 加えて、日本古来の言葉遣いによる呼称を、「風雅」と捉えたり「エグイ」とか「笑えるね」と感じたりしているのでしょう。

 そんな立ち入らなくても困らない土地に足を踏み入れたくなるのがニッチ大好きな分類王魂。いにしえの日本人が、人間の根源的欲求「性」をもクリエイションとして形作っていった「体位48手」はとても奥深い。挿入のことではなく研究成果として……奥深い。

 「37—御所車」「35—流鏑馬」「20—鵯越え」「36—時雨茶臼」など秀逸なネーミングは、体勢を動きから、モノや風景や現象の名前を付けている「見立て」です。その「雅」や「粋」を、もっと多くの人に愛でてもらえれば。そう考え、インフォグラフィックにしてみました。まずは完成型をご覧ください。

グラフィック作成/小宮山秀明
拡大画像表示
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石黒謙吾 [著述家・図考師]

いしぐろ・けんご/1961年金沢市生まれ。映画化もされたベストセラー『盲導犬クイールの一生』をはじめ、『2択思考』『エア新書』『分類すると地アタマが良くなる』『ダジャレ ヌーヴォー』など、硬軟取り混ぜ著書多数。チャートを用いて構造オチの笑いに落とし込む「図考師」としての著書に『図解でユカイ』が。プロデュース&編集の書籍も幅広いジャンルで200冊を手がける。野球とビールと犬と笑いを愛する。全キャン連(全国キャンディーズ連盟)代表。
■ブログ=イシブログケンゴ
著書・編書一覧


分類王・石黒謙吾の「発想を広げるインフォグラフィック思考」

 伝えたい情報を直感的にわかるように、グラフィカルに表現する「インフォグラフィック」。と聞くと、デザイナーやクリエーターにしか関係ないもの、と思っていませんか? それは違います。もったいない。どんな仕事でも、いや、私生活においてでも、この「相手がぱっとわかるように工夫する」という考え方のクセそのものが、コミュニケーション上手にしてくれるはず。
 僕は15年前から、さまざなな事象を、チャート図解を用いて構造オチに落とし込む「分類王」として、雑誌やWEBでクリエイションを発表してきました。なかでももっともビジュアルに凝り、一種のART作品という認識で、『編集会議』に30回にわたり発表していたのが、この連載で例題としてあげていく「発想するインフォグラフィック」です。
 このビジュアルは情報をよりわかりやすくという枠を超え、発想そのものを広げるための教科書だと思ってください。どうやってこのアウトプットに辿り着いたか、発想のスタート地点から解説していくことで、「考え方のプロセスと構造」がわかります。

「分類王・石黒謙吾の「発想を広げるインフォグラフィック思考」」

⇒バックナンバー一覧