ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

スマホアプリで操作する次世代照明で
生活連動型の明かりを楽しむ

加藤 力
2013年12月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

Wi-Fiにつなぐ照明

ストックしてある写真の一部を選択すると、同じ色調の明かりを再現できる(写真提供:フィリップス エレクトロニクス ジャパン)

 フィリップスが2012年9月に発売した新感覚のLED照明システム「hue(ヒュー)」が、じわじわと人気を拡大している。

 この照明システムは、スマートフォンやタブレットの無料アプリでワイヤレスコントロールができる点が特徴である。

 色の違いと明るさの組み合わせによって、1600万色以上の色調を表現できる。自分だけのオリジナル照明色を「シーン」として保存し、世界中のユーザーと共有することもできる。例えば、スマホやタブレットにストックされている写真の一部を選択し、同じ色の光を再現することも可能だ。

 「2013年11月にグッドデザイン賞を受賞したこともあり、デザイナーやアート系のクリエイターの方からの引き合いが多いですが、あくまで一般消費者をターゲットにしています。光の色彩を暮らしに取り入れるという、これまでの日本になかった文化を根付かせたいと思っています」(フィリップス エレクトロニクス ジャパン ライティング事業部マーケティング部の久保徳次部長)

 白熱電球(E26口金)の代わりにそのまま使用可能なので、一般的な照明器具ですぐにでも使える。ただし、通常の照明と異なるのはWi-Fi環境が必要なこと。hueのキットには、ブリッジというhueをコントロールするためのゲートウエイが用意されており、これをルーターとLANケーブルでつなぐ。

 1台のブリッジで最大50個のランプをコントロールすることができる。このブリッジとランプ3個が付いたスターターセットは、2万6000円でアップルストアから販売されている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧