ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司
【第7回】 2008年10月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
京野友香 [大手食品メーカー社長秘書]

社長秘書も納得!「メンツにこだわる」人ほど尊敬されないという事実

1
nextpage

 株主総会が終わり、新経営体制が発表になった当日。新役員たちに向けて事務的な1通のメールを発信した。それは私が秘書課に異動になって間もなくのことだった。

 そのメールを見たH取締役から、モノスゴイ剣幕で電話がかかってきた。

 「今メールもらったけどね、あの宛先名の順序、間違っているよっ」

 「宛先の順序、ですか?」

 「そうだよ! ちゃんと序列順にしなくちゃあ。今日から新しい順番なんだから。T取締役は私の前じゃなくて後ろだろう!」

 「申し訳ございません。大変失礼いたしました。以後気をつけます」

 「そうだよ。ホント失礼だよ」

 「ご指摘いただきまして、ありがとうございました……」

 「秘書なんだから、そのくらいしっかりやってくれよ!」。ガチャ……。こうして電話は切れた。

 たしかに新陣容が発表になったのだから、すぐにでも新しい順序でメールを発信するべきだった。秘書はいくら気を配っても充分ということはない、と教育されたばかりだった。これからは細心の注意を払わなくてはいけないと反省した。

 それ以降は、あらゆる側面から考えてこの手紙に失礼はないか、この対応で失礼はないか、と細かいところまでよ~く考えるようになるきっかけとなったので、その意味でH取締役から注意されたことは今でも感謝している。

 しかし、ふと考えてみると、取締役という重責や業務内容の深さと比較すると、H取締役の言動はあまりにもミスマッチで、違和感を覚えたのはなぜだろうか。

 そんなこと気にしなくたって、エライ立場の人だってわかっているのに…。

苦労の多い管理職より
専門職のほうがよっぽどラク

 ときどき「女性は地位や肩書にあまり固執しない」などと言われることがある。私が違和感を覚えた理由はそこにあるのかしら?

 そういえば、私の女友だちが言っていた。

 「肩書なんてついて、なまじ管理職になって部下を指導するという苦労を背負い込むよりも、専門職として自分の能力を発揮したほうがよっぽど楽しいし、気がラクよ!」

 彼女は仕事もできて頭もよくてしっかりしている1人だが、そう言って一般企業の部長の地位をさっさと捨てて、税理士に転身し、さらにイキイキと働いている。

 また専門的な知識をもち、勉強熱心な別の女友だちも管理職に抜擢されてしばらくしたころ、ずいぶんと悩んでいたっけ。

 「私にはとても数十人の部下たちを指導して引っ張っていく力なんてないわ。1つの部門を任されるって大変なことね」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


京野友香 [大手食品メーカー社長秘書]

大学を卒業後、大手食品メーカーに入社。数年後、突然の人事発令により秘書課へ異動。社長秘書となる。


現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司

社長に取り入ろうとする人、メンツと肩書きにこだわる人、やたら口の軽い人、etc・・・。現役の社長秘書だからこそ見えてくる社内の困った上司たち。部下に慕われる人、嫌われる人、その違いをご紹介します。

「現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司」

⇒バックナンバー一覧