ベトナム 2014年1月7日

ベトナムでの運転免許取得、費用はたった1200円なり!【ベトナム・ホーチミン市のトンデモ交通事情・その5】

日本で15年間の編集者生活を送った後、ベトナムに渡って起業した中安さん。今回はバイク社会ベトナムでの、中安さんの免許証取得体験記です。

ステップ0:「免許証なんて要らないですよ」にビックリ

 長らくベトナムで無免許運転状態が続いていた私も、実は去年、ようやく運転免許を手にした。

 それ以前にも、免許を取ろうとしたことは、何度もある。旅行者として通っていたときはともかく、2002年、ホーチミン市に移住してきたときは、さすがに免許を取らないとマズイだろうと思った。

 ところが、同じ職場で働くベトナム人に、相談したところ、いきなり、
「どうして免許が欲しいんですか?」
 という答が返って来た。

 「どうしてって、こちらでバイクに乗るから、免許が必要だろうと思って……」
「そんなの、要らないですよ。僕だって持っていません」
 と言われたのである。

 このとき、周囲にいたベトナム人にも聞いてみた。すると、彼以外にもバイクをいつも運転しているのに、免許を持っていない人が何人かいたのだ。
「そういうものなのか」
 と出鼻をくじかれた感じだった。

 しばらくして「やっぱり免許を持とう」と思ったときは、日本の運転免許が失効していることに気がついた。仕事では、年に何回も東京に出張するのだが、私の実家は大阪。ついでにちょっと寄れる距離ではない。

 私用で帰国するという機会は、3年に1回程度である。そんなこんなで、延び延びになってしまっていた。すべては「言い訳」に過ぎないのだが。

交差点で客待ちをするバイクタクシーの運転手。ベトナム語では「セオム」と呼ぶ。値段は交渉制だ。客用のヘルメットと自分用と、2つのヘルメットを持っているのが目印【撮影/中安昭人】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。