ベトナム 2014年1月23日

コンピュータソフトから生活用品まで、
違法コピー天国・ベトナム

日本で15年間の編集者生活を送った後、ベトナムに渡って起業した中安さん。今回は、プロも騙される「コピー天国」ベトナム・レポート。日本人の感覚とはまったく異なる、その実態とは?

ソフトウェアの違法率は世界平均の2倍近く

 「いや、どこから見ても本物のiPhone5だったんですけどねえ。すっかりだまされました」
 と頭をかくのは私の友人・Fさん。筐体は本物だったらしいのだが、中身が偽物にすり替えられていたのだそうだ。購入してしばらくしてから気がついたが、もちろん交換などはできない。Fさんは、彼自身、携帯電話に関連する仕事に従事しており、スマートフォンに関しても決して素人ではないのだが、それでも偽物をつかまされてしまったのだ。

 巷でもよく知られているとおり、ベトナムは「コピー天国」である。

 ソフトウェア業界団体のビジネス・ソフトウェア・アライアンス(BSA、本部ワシントンDC)がまとめた、「第9回世界ソフトウェア違法コピー調査」によると2011年のベトナムの違法コピー率は81%。アジアではインドネシアの86%に次いで高く、世界平均の42%の2倍近い。2003年度の同調査で は、ベトナムは92%と、中国と並んで不名誉な世界ナンバーワンを獲得している。年々、状況は改善されているとはいえ、まだまだ違法率は高い。

 そもそも町のコンピュータショップに行っても、正規版のソフトを探すほうが難しい。パソコンを購入すると、何も言わなくても、最新のOSはもちろん、 Microsoft Office(マイクロソフト・オフィス)、Adobe(アドビ)のInDesign(インデザイン)、Photoshop(フォトショップ)、 Illustlator(イラストレーター)などがインストールされている場合が珍しくない。もちろん、全部、違法コピーである。

[ブランド対決① コーヒー編]世界に2万店舗を有するスターバックスが、コーヒー王国であるベトナムはホーチミン市に、第1号店をオープンさせたのは 2013年2月1日のこと。2013年末時点で、3号店まで出店している。対抗馬と目されるのは、ベトナム最大のコーヒーチェーンであるチュングエン・ コーヒー(写真下)だ。ベトナム全土で既に1000軒を超える店舗を展開している【撮影/中安昭人・2点とも】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。