ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

ドルからユーロに軸足移した
キャリートレードの巻き戻し

2008年11月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 未曾有の株価下落が続いている。ファンダメンタルな分析もテクニカル分析も、もはや通用しない。グローバルにふくれ上がった資産バブルは、グローバルに萎んでいる。そこにはデカップリングはなく、一様にたたき売られている。

 なかでも日本株売りは特に激しい。そこには、今回最強といわれている「円」の影響は否めない。

 今年3月、いわゆる円キャリートレードの巻き戻しで円は一時95円まで買い進まれた。長く低金利が続いている円に投機マネーが群がり、円を借りては投機を繰り返し、世界中にバブルを積み上げてきた錬金術の一つが円キャリートレードだった。

 3月の円高で円キャリートレードのポジションは急減し、マーケットへの影響は限定的と思われてきた。しかし、今回再びキャリートレードの巻き戻しがドルからユーロに軸足を移し、ユーロバブルの終焉に向かっている。

 もちろん、キャリートレードだけではなく、単純な外貨建て投資信託の解約による外貨売りや、実需によるヘッジ売りが相当量あろうと思われるが、今回のファンダメンタルズ無視の円買いにはそうとうなキャリートレードの巻き戻しが続いていると思われる。

 次頁のグラフは、それぞれの国の株価指数をユーロ、ドルベースに引き直して算出している。

 ドルベースでの日経平均株価を見てみると、3月の円高局面を境に、徐々に最下位グループから脱出し、現在の下落局面では上位のグループに位置していることがわかる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧