ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
World Voiceプレミアム

大恐慌と戦争の歴史は繰り返すのか?
のしかかるルーズベルトの負の遺産

米著名コラムニスト アミティ・シュラーズに聞く

週刊ダイヤモンド編集部
【第25回】 2008年10月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

政治の迷走が市場の混乱を助長する現代の姿に、1920年代から第二次大戦に至る過去との相似形を見出すことは難しくない。著名コラムニストのシュラーズ氏は、歴史を繰り返さないためにも、過去を振り返り、戦争を招いたルーズベルト大統領の罪の部分をあぶり出す必要があると説く。(聞き手/ジャーナリスト マイケル・フィッツジェラルド)

アミティ・シュラーズ(Amity Shlaes)
アミティ・シュラーズ 

 歴史は繰り返すのか。このありきたりの命題を前にして不安を感じるのは私だけではないだろう。1920年代から第二次世界大戦の悲劇に至る当時の米国に、現代との相似形を見出すのは難しいことではないからだ。

 1920年代初頭、米国は文字どおり黄金時代だった。ラジオの普及にテレビの台頭が重なり、経済は活況にわいた。一方、1990年代はインターネット革命で景気が過熱。両時代とも軽薄な感じもそっくりだ。そしてなにより、そのさなかに政治が迷走し始めた点が同じである。

 偉大なエコノミスト、ロバート・ヒッグスは、政治の迷走を「統治の不確実性」と呼び、それが市場に大きな打撃を与えるとしている。実際、資産市場の凋落ぶりが際立った1930年代の米国では、統治の不確実性は異様なほど高かった。政治の迷走が市場の混乱を助長する現代と似てなくはない。

 われわれは歴史を繰り返さないためにも、まずは過去を正確に知る必要がある。もっとはっきりいえば、当時の大統領の功績に正確な評価を下し、今後のリーダー選出の指針としなければならない。

 第一に論ずべきは、ハーバート・フーバー第31代大統領(任期1929~1933年)だ。フーバーは“レッセフェール(自由放任主義)”の象徴のようにいわれているが、それは真実ではない。

 実際の彼は、“統制フリーク”であり、まるで現代のコンサルタントのような男だった。なんにでも口を出し、細部まで変えなければ気のすまない性質だった。

 しかし、そのフーバー以上に厳しく批評しなければならない人物が、フランクリン・ルーズベルト第32代大統領(同1933~1945年)だ。

 彼は大恐慌から米国を救った英雄として崇められることが多いが、その評価は正鵠を射ない。経済恐慌は、フーバーとルーズベルトの任期のあいだに深刻化したのだ。「戦争は不況を止めた」のではなく、「なぜ不況が戦争につながったのか」にわれわれは歴史の論点を変える必要がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


World Voiceプレミアム

海外のキーパーソンへのインタビュー連載。「週刊ダイヤモンド」で好評を博したWorld VoiceがWEBでバージョンアップ。過去誌面に登場したインタビューのノーカット版やWEBオリジナル版をアップしていきます。

「World Voiceプレミアム」

⇒バックナンバー一覧