ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

日立のトップ交代で混迷
次期経団連会長の人事観測

週刊ダイヤモンド編集部
2014年1月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「明日には社長を辞めているかもしれない」。トップ交代の時期を問われると、笑いながらそうけむに巻いてきた日立製作所の中西宏明社長。そして、その“明日”は突如として訪れた。

 1月8日、日立は社長交代の緊急記者会見を開いた。その中で、4月1日付で、東原敏昭専務が社長兼COOへ昇格し、中西社長は会長兼CEOとなる人事を発表。川村隆会長は3月末で相談役へ退く予定だ。

社長交代の記者会見の場で、握手を交わす川村隆会長(左、次期相談役)、東原敏昭専務(中央、次期社長兼COO)、中西宏明社長(右、次期会長兼CEO)
Photo by Takahisa Suzuki

 この日、社長交代と同じくらい注目を集めたのが、この川村会長の今後の身の振り方だった。特に日本経済団体連合会をはじめとした財界活動についてだ。

 というのも、現経団連会長の米倉弘昌氏の任期が6月で切れるため、その後任が誰になるかが焦点となっていた。そして、米倉氏はかねて「製造業の経営者の中から選ぶ」と公言しており、他の候補者たちが次々と姿を消していく中、川村会長が現時点での最有力候補と目されていたからだ。

 ところが、川村会長は記者会見の場で、「経団連の活動は、副会長職の任期が終わる今度の総会をもって終わりとしたい」と語り、これまで流れていた観測に自ら終止符を打った。

経団連人事の玉突きか

 「こういう話は、後から遅い早いといくらでも言える話。トップ交代もスピードが足りないということにならないように」と、中西社長は語ったものの、多少の唐突感は否めない社長交代のタイミングだった。

 日立は今期、過去最高益の達成が視野に入る。2008年度に製造業史上、過去最悪の7873億円という赤字を受け、復活の下地をつくった川村会長の後を引き継いだ中西社長は、その後V字回復を成し遂げた。今や「日立は電機の勝ち組」という評価を確かなものにしつつある。同時に自身の経営者としての評価も高めた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧