ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
はい上がれる人、はい上がれない人――「負け組社員」リベンジの十字路

仕事がダメでも態度のデカさは人一倍?
「非正社員いじめ」で恨みを買う“DQN社員”

――転職先で包囲網を張られ、リベンジできない石田氏のケース

吉田典史 [ジャーナリスト]
【第4回】 2010年2月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 転職によってステップアップしていく人がいる一方で、どんどん落ちていく人もいる。その差は、その社員の「意識のあり方」にあるとも言える。落ちていく人は、意識を変えない限り、次の職場に移っても、形を変えて同じことを繰り返す可能性が高い。

 連載4回目は、上司や周囲の反感を買い、会社を次々と変わるもののどこでもうまくいかないという、象徴的な「はい上がれない負け組社員」を紹介しよう。

-------------------------------------------------------------
■今回の主人公――はい上がれない「負け組社員」

 石田隆雄(32歳)仮名

 有名私立大学の法学部を卒業後、大手水産会社や中堅不動産会社で営業マンとして働く。いずれの会社でも成績は悪く、上司や周囲からひんしゅくを買う。3度目の職場に特殊法人を選んだものの、さしたる理由もない転職だけに、今回も失敗しつつある。
-------------------------------------------------------------

(※プライバシー保護の観点から、この記事は取材した情報を一部デフォルメしています)

まるで絵に描いた「負け組社員」?
営業成績最下位の“DQN営業マン”

 大阪支社のオフィスに怒号が響く。営業課長の澄川(46歳)が、石田隆雄を叱りつけている。

 「契約が取れた? その言い方は違うだろう!“契約を取った”と言うのが正しいんだ」

 「……」

 「お前が全然、契約を取れないから、俺が取ってやったんだ。もうここに来て、3年目だろう? だから、お前はDQN(ドキュン)とバカにされるんだよ!」

 ことの発端は、石田が上司である澄川に「契約が取れてよかったですね」と声をかけたことだった。澄川は、途端に怒り始めた。DQNとは、若い人たちがよく使う言葉で「落ちこぼれ」を意味する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉田典史 [ジャーナリスト]

1967年、岐阜県大垣市生まれ。2006 年からフリー。主に人事・労務分野で取材・執筆・編集を続ける。著書に『あの日、負け組社員になった・・・』『震災死 生き証人たちの真実の告白』(共にダイヤモンド社)や、『封印された震災死』(世界文化社)など。ウェブサイトでは、ダイヤモンド社や日経BP社、プレジデント社、小学館などで執筆。


はい上がれる人、はい上がれない人――「負け組社員」リベンジの十字路

格差の固定化と大不況のダブルパンチに見舞われた日本の企業社会では、「負け組社員」が続出している。労働問題に精通した著者が、徹底取材で得た生のエピソードを基に、世のビジネスマンが負け組からはい上がるためのノウハウを詳しく教える。

「はい上がれる人、はい上がれない人――「負け組社員」リベンジの十字路」

⇒バックナンバー一覧