フィリピン 2014年1月28日

不動産購入トラブルを未然に防ぐ
フィリピン・コンドミニアムに所有期限がある?

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さん。フィリピンで不動産所有を考える日本人にとって、注意すべき点は? 間違った情報に踊らされて、取替えしのつかないことにならなための必読情報です。

 「友人に“コンドミニアムの所有権が50年のところがあるから気をつけろ”とアドバイスされた。ほんとうですか?」

 ある退職者の方からこんな問い合わせを受けた。「デベロッパーが自社所有地に建設したなら問題ないが、そうでない場合はコンドミニアムの所有権の期限は50年」というのだ。

 フィリピンでは外国人が土地を持つことは憲法で禁止されており、土地付戸建の住宅を外国人は保有できない。しかしコンドミニアムはそれぞれのユニットが個別に登記されており(CCT=Condominium Certificate of Title、あるいは単にタイトルという)、外国人でも総ユニット数の40%まで保有できる(コンドミニアム法)。その場合、各々のユニットは土地を区分保有していることになり、このCCTが発行されているかぎり50年という保有期限はない。

 一方、バギオのキャンプジョンヘイやスービックなどの「経済特別区」で販売されているコンドミニアムは、開発から50年の期限付き所有権(Lease Hold Right)となる。これらの経済特区では土地はすべて政府からの借地となっているために、コンドミニアムといえども永久に保有できるわけではなく、期限がきたら国に返還しなければならないのだ。

  同様に、もしデベロッパーが50年の借地契約でコンドミニアムを開発・販売したのなら、その所有権は借地契約の終了とともに土地のオーナーに帰属することになる。その場合は住宅をコンドミニアムとして登記することはできず、個別のユニットのタイトル、すなわちCCTは発行されない。

 コンドミニアムを購入する場合、ユニットごとのタイトル(CCT)があるかどうかが重要だ。コンドミニアム全体のタイトル(マザータイトル)では意味がないので要注意だ。ちなみに土地のリース契約(借地権)は法的に50年が限度で、通常25年契約で25年の延長を可とする。

空港のターミナル3に向かうスカイウエイからのマカティの眺望【撮影/志賀和民】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。