ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

シスコ、第14回「テレワーク推進賞」会長賞を受賞

シスコシステムズ

2014年1月24日

シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:平井 康文、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は、一般社団法人日本テレワーク協会が主催する第14回「テレワーク推進賞」において、テレワークの導入・活用への活動が評価され、「会長賞」を受賞しました。

 「テレワーク推進賞」は、企業・団体でのテレワークの一層の普及促進を目指し2000年より実施しており、第14回を迎えた今年度は、“働き方の変革によるさらなる成長を目指して”をテーマに、2013年7月10日~10月10日に募集を行い、同10月下旬~11月下旬に審査が行われ、2014年1月20日に受賞企業の公表が行われました。

本受賞にあたって高く評価されたポイントは以下の通りです。(評者コメント原文)

1,300名の社員全員が、全社経営戦略の推進に不可分の取組として日常的にテレワークを実践し、生産性の向上とワークスタイルの変革を図っていることをテレワークの好事例として評価。テレワークを含むワークスタイルの変革の実践を通して得られた成果を、独自の「生産性向上貢献度」という指標を用いて算出し、明確化している点も他の模範となるとして評価。今回の実施目的ではないが、テレワークを含むワークスタイルの変革の実践を通して得られた成果をネットワーク機器のメーカ-として顧客に提供している点も印象的である。

シスコのコメント

シスコシステムズ合同会社 代表執行役員社長 平井 康文
「私たちは、経営品質向上活動とも連動し、ゆるぎない企業文化に根ざして社員全員が自律的にお客様価値を共創する組織作り、多様な背景を持つ社員一人ひとりが個性を発揮して活躍できるインクルージョン&ダイバーシティの展開と一体で、これまで「いつでも、どこでも、誰とでも」コラボレーションができる最先端のワークスタイルを確立してきました。今回の受賞は、全社組織を上げて取り組んできたワークスタイル革新に対して高い社会的評価をいただいたものです。今後さらに、シスコがテレワークをはじめとする日本のワークスタイル革新の一助になればと考えています。」

日本テレワーク協会発表リリース
http://www.japan-telework.or.jp/topics/54.html

シスコシステムズ合同会社について
シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。
シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。
記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。
「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。

facebookもチェック

IT企業インフォメーション

「IT企業インフォメーション」

⇒バックナンバー一覧