ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
できるビジネスパーソンはみんな営業で成長した 間杉俊彦

「営業だけはいやだった」
そんなネガティブ男子の入社2年後の姿

間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]
【第4回】 2014年1月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

みんな最初から営業を
志望してはいなかった

前回、予告した通り、第4回は若手営業パーソンの「生活と意見」を中心に書こうと思います。

 話を聞いたのは、ダイヤモンド社のグループ会社で、就職情報を中心に人材育成ビジネスを展開するダイヤモンド・ビッグ&リードの3人。

 大森菜桜子さん(入社5年目)、小林靖明さん(入社2年目)、菊川晶子さん(入社1年目)。

 この会社では、企業の人事部門を対象に、就職情報サイトへの広告記事出稿や合同説明会などのイベント、適性検査や人材育成のテキストなど、幅広い商品・サービスを取り扱います。3人は、日々、企業を訪問し、営業を重ねています。

 この3人に共通するのは、就活の際、営業志望ではなかった、ということです。

 大森さんは言います。「出版志望でした」。

 菊川さんは?「スポーツ用品メーカーの企画とかがやりたくて、そればっかり受けていました」。

 いちばんすごいのが小林さんです。「広告や映像制作の会社を希望していました。営業だけはやりたくなかったんです」。

 それは、どうしてですか?

小林「営業のイメージは、訪問販売とか、押し売りのようなイメージでした」

 それが、どうして営業職で就職したんですか?

小林「周囲が内定を取りはじめて、少し焦って、志望の範囲を広げようと思ったんです。この会社の説明会で、採用パンフレットの製作とか、営業職だけどアイデアを生かす一面があることを知って、興味を持ちました」

 小林さんの話に、大森さんも共感したようです。

 「私も、同じようなことを感じました。営業でも、製作に関われるんだ、というのは発見でした。出版に行きたいといっても、何が作りたいとか、明確に言えるわけでもなく、ただ、出版が好き、だから行きたい、というような感じだったでしょうか。人見知りせず、周囲を巻き込むような自分の性格が活かせるのは営業職かもしれない、と考えるようになりました」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

1961年、東京都生まれ。1986年 、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業、ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド編集部に配属され、以後、記者として流通、家電、化学・医薬品、運輸サービスなどの各業界を担当。2000年 週刊ダイヤモンド副編集長。2006年 人材開発編集部副部長。著書に『だから若手が辞めていく』(ダイヤモンド社刊)

 


できるビジネスパーソンはみんな営業で成長した 間杉俊彦

就職活動が始まると同時に、多くの学生が業界・企業研究を始めます。ですが、そこで考えてほしいことがあります。業界とは「事業の種類」を示しますが、もうひとつ、「職種」というものがあるということです。本連載では、さまざまな職種がある中で、営業という職種について解説したいと思います。

「できるビジネスパーソンはみんな営業で成長した 間杉俊彦」

⇒バックナンバー一覧