ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

多様性のある3社合併で
新しいビジネスモデルをつくり上げる
セディナ社長 舟橋裕道

2009年8月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
セディナ社長 舟橋裕道
撮影:宇佐見利明

──オーエムシー(OMC)カードとセントラルファイナンス、クオークの3社が合併してセディナが誕生した。それぞれ業態の異なる3社が一緒になってシナジーはあるのか。

 確かにこれまでの業界再編は、カードならカードといったふうに同じ業態同士が再編して規模を拡大し、効率化を図ることだった。それに対し当社は、カード事業のOMCカード、信販事業のセントラルファイナンス、ソリューション事業のクオークと、3社それぞれの強みが異なっており、これまでの再編とは逆行しているように見えるかもしれない。
 だが、改正貸金業法による上限金利の引き下げや総量規制の導入などでキャッシング収益に依存できなくなった今、これまでのビジネスモデルは瓦解した。そのなかで、新しいビジネスモデルをつくり上げていくためには、それぞれ特徴や顧客層が異なるほうが、多様性が広がりやすい。実際、異なる顧客を合計すると約2300万人にもなった。

次のページ>> 具体的な戦略とは
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧