ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
北野正之の“即効GOLFエイド”

【第44回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー
Lesson44「インパクトの「寸止め」ドリルで飛距離を伸ばす」

北野正之 [ティーチングプロ]
【第44回】 2009年6月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今回は、すべてのゴルファーの悩みの種であり、永遠のテーマでもある「飛距離アップ」が実現するドリル(練習法)を紹介しましょう。

 方法は至って簡単です。ドライバーでトップスウィングをつくったら、そこからクラブを振り下ろし、インパクトの直前でクラブヘッドを止めます。つまり、ボールを打つつもりで真剣に振り下ろしつつ、クラブがボールに当たらないように「寸止め」をするのです。

 ある程度勢いがついたもの(クラブヘッド)を止めるには、大きな力を必要とします。実際にやってみるとわかりますが、インパクトに向けて力を入れていかないと、クラブはピタッと止まりません。その力の入れ方が飛ばしのコツであり、ボールを強く正確にたたけるインパクトにつながります。

 飛ばないと悩んでいる人は、インパクトで左ひじを引いたり、抜いたりするので、ボールを押し込むことができず、「力の伝達効率」が悪くなっています。このドリルを繰り返せば、その悪い動きが修正でき、現状の体力でも飛距離アップが可能です。

「寸止め」をすると、インパクトで体が開かなくなり、体(胸)の正面でボールをヒットできる。この形を覚えたい
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北野正之 [ティーチングプロ]

1966年生まれ。アマチュアゴルファーの観察眼が鋭く、懇切ていねいなレッスンが人気。シェイプアップゴルフ所属。


北野正之の“即効GOLFエイド”

ビジネスマンにとって、ゴルフはビジネスにおいてもプライベートにおいても重要な「コミュニケーションの場」。そこで、初心者でも楽しく効率的に上達できる方法を徹底レッスンします。

「北野正之の“即効GOLFエイド”」

⇒バックナンバー一覧