タイ 2014年2月17日

やるからには成功させる!
タイでマッサージ店を経営するイロハとは? 【第2回】

日本でもブームになったタイ式マッサージ。タイ旅行の目的のひとつにもなっている。バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部が、バンコクのマッサージ経営の現状を調査。費用は? 人集めは? リタイア後はタイでマッサージ店でも……そんな夢を見ているひとは必読です。

 “給与体系”詳細とチップの扱い

 マッサージ店でマッサージ師がどういう雇用形態で働いているかを調べてみたところ、一般的に以下のような給与体系がある。

◆基本給料なし(チップのみ)

 マッサージ師はいつ店に来ても、いつ帰ってもいい。マッサージ料金の安い店はだいたいこの形態が多い。マッサージ師にとって社会保障はまったくないが自由度が高い。

◆完全歩合制

 チップは全部マッサージ師の懐に。マッサージ料金は店側とシェア。マッサージ師は30~40%ほど店からもらう(マッサージ料金が安いところほどマッサージ師に入るパーセンテージが高い傾向にある)。

◆日給保証

 チップは全部マッサージ師の懐に。1日にひとりもお客がつかなかったとしても日給200~300バーツ(約600~1000円)は保証される(それ以上の歩合収入があっても定められた日給に加算されるわけではない)。募集広告に「日給保証」と明記するとけっこう応募がある。

◆月給保証

 チップは全部マッサージ師の懐に、または会社でプールする。めったにないが一般の会社の従業員と同じで、社会保障が整備されているケースもある。

 月給が保証されているので、通常の会社の労務管理同様、マッサージ師の職務態度に皆勤賞、遅刻減給、無断欠勤数回で解雇、お客さんからのリクエストがあれば給料に反映させるなどの信賞必罰を与えないと、ぬるま湯に浸って給料泥棒となってしまう。

 ところで、日本人の居住エリアに位置するスクムビット通りの某マッサージ店では、良質なサービスを恒常的に提供することによってリピーターがリピーターを呼ぶ。マッサージ師の収入は最低でも月収2万バーツ(約6万円)以上にもなるそう。しかもチップは別腹なので、多い人で4万バーツ(約12万円)にもなるというから驚きだ。

 労働時間や量を想像するとかなりキツそうだが、これだけ身入りがあるのも店舗が会社としての経営方針を明確にしているから。支店がたくさんあるが、現在働いているマッサージ師が田舎の家族や友達にここでの就労をすすめるので、1週間に30人は面接するそうだ。

チップの額は施術の料金と時間、サービスの満足・不満足度により、だいたい20~100バーツ(約60~300円)ほどが相場。

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。