ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

【ビリー・ジョエル「ピアノ・マン」】
飛び切りお洒落で切ない若き日の自画像

小栗勘太郎 [音楽愛好家]
【第78回】 2014年2月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 誰にでも、運命を決める一日というものがあります。

 もしも、その日にあの出来事が起こらなかったならば、あの人に出会わなければ、きっとその後の人生が完全に違ったものになったかもしれない、と実感する一日のことです。

 それは、本の一節や映画の一場面、さらにはテレビ番組の一断片かもしれません。特に、感受性が鋭敏で、常識に縛られていない若い頃は別格です。

 例えば、ビリー・ジョエル。1964年2月9日の日曜日。この日は彼にとって特別な一日になったのです。ちょうど半世紀前の今週です。 

 と、いうわけで、今週の音盤はビリー・ジョエルの「ピアノ・マン」です(写真)。

若き日の自画像

 ビリー・ジョエルは今や押しも押されもせぬ、米国音楽界の重鎮です。

 しかし、『ローマは一日にして成らず』です。ビリー・ジョエルが世に出て大きな成功を掴むまでは、決して一筋縄ではありませんでした。そんな若き日々を描いた佳曲が“ピアノ・マン”です。

 “ピアノ・マン”は、ビリー・ジョエルが発表した第2弾アルバム「ピアノ・マン」のタイトル曲です。ここには、市井の人々が集まるバーで、ピアノの弾き語りをやって日銭を稼ぎ、世間を見つめているピアノ弾き(ピアノ・マン)が描かれています。

 土曜日の夜9時にやって来る常連たち。ジントニックを飲む老人、映画スターを夢見る若者、小説家、海軍士官、ビジネスマン等々。政治学を学ぶ同僚のウェイトレスだっています。

 ビリーは、そんな人々の前で夜な夜なピアノを弾き、歌い、世に出るチャンスを待っていたのです。

 “ピアノ・マン”はビリー自身の若き日の自画像です。しかも飛び切りお洒落で切なくて美しいのです。若く無名なピアノ弾きが3拍子のハ長調で人々の夢を綴るのです。

 誰にでも夢はあるでしょう。

次のページ>> 運命の一日
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小栗勘太郎 [音楽愛好家]

1958年生まれ、牡羊座のB型。某国立大学卒、米国滞在5年。公僕を生業とする音楽愛好家。著書は『音楽ダイアリーsideA』 『同sideB』(西日本新聞社)。『毎日フォーラム』誌にて「歴史の中の音楽」を連載中。


今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

ビジネス・パーソンは日夜、現場で闘って、日々、喜怒哀楽を感じる。実は音楽の現場も同じだ。だって、音楽もビジネスも、所詮、生身の人間が作る、極めて人間くさい営みだから。音楽には妙な薀蓄など不要かもしれないが、音楽が生まれる時には物語がある。それを知って聴けば、喜びが倍になり、悲しみが半分になるかもしれない。毎週1枚、心のビタミンになるような音盤を綴ります。

「今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内」

⇒バックナンバー一覧