ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

一見特徴のないアップルの新製品が誇る「想定外の強み」

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第81回】 2009年6月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
MacBook Pro
一見順当な進化を遂げただけに思えるMacのノートPCだが、機能や性能の優位性を考えれば、実はかなり「割安」とも言える。

 6月初旬、アップルの新製品が大挙発表された。新製品はすべてがノートPCで、とにかく割安なのが印象的だ。かなり購入意欲をそそるものの、製品の内容は「順当に進化しただけ」といってもよいだろう。

 一部のコネクター類が追加されたり、バッテリー駆動時間が延びたりしているが、ボディの基本スタイルは変わっていない。

 目立つのは“割安感”だ。入門モデルだった13型液晶を採用するアルミボディの「MacBook」が、新たに「MacBook Pro」の位置づけになって性能をアップ。「Pro」というネーミングが付く上位機種にもかかわらず、アップルストアの価格は13万4800円から。安い店では12万円を切っている。

 逆に、MacBookはポリカーボネイトボディを採用した1機種のみになり、安い店では、なんと8万円台で売られているのだ。

 一部では、今回の新製品でネットブック的なモデルが登場するとも言われていたが、予想に反してすべて普通のノートであった。割安感を打ち出しつつも、順当に性能をアップした製品を投入しているのだ。

 世界的な不況の中、Windows陣営が「性能を落として価格を下げた」いわゆる“禁じ手”のネットブックを投入し、売れに売れているのとは対照的である。

 さすがにMacといえども、この不景気では爆発的に売るのは難しいだろう。だが、OSとハードウェアを独占している強みを十分に発揮し、順当に売り上げを伸ばしている。

 Windowsモデルでは、3台に1台がネットブックとなっている。ネットブックでもメールやインターネットは問題なく利用できるが、ビデオ編集などのヘビーな作業は性能的に厳しい。また、ワープロや表計算を使う際にも画面の小ささがネックになっている。

 ところが、Macは最廉価モデルでもビデオ編集ができ、もちろんワープロや表計算も普通に使える。最廉価のMacBookにも、ちゃんとデキのよいビデオ編集ソフトが付属しているのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧