ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
為替市場透視眼鏡

リスク通貨の回復は緩慢に進む
新興国不安はドル円買いの好機

田中泰輔(ドイツ証券グローバルマクロリサーチオフィサー)
2014年2月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 米経済成長率は今年3.5%に加速し、新興国を含む世界経済もじわり明るさを増すだろう。ドル円はその上昇気流に乗って115円を目指すと予想する。しかし今年の円安は一本調子では進みそうもない。

 理由の一つは円相場自体の内部にある。円安の牽引役としては円キャリー、すなわち投機的な円売りの比重が高まろう。その場合、思惑的に膨らむ円売りの後、益出しや損切りの買い戻しが出て、相場に波動が現れやすくなる。

 円相場の波動は外部リスクの刺激によってさらに増幅されよう。主に注視される外部リスクは、米自律回復の不調、欧州債務問題の再燃、中国の不安定化、そして新興国の脆弱さ。このうち米欧中発リスクは時とともに減退してきた感が強い。新興国もまた全体として徐々に底堅くなる途上と判断するが、緩慢な回復局面にぐらつきかねない脆さがくすぶり続けよう。

 金融緩和下で世界経済が力強く回復する局面は、経常赤字を抱える新興国・資源国の高金利通貨(リスク通貨)が上昇しやすい。「相対的な高金利+明るい景気見通し」が始動の条件だ。世界的にリスク投資意欲が強まると、まだ低金利のドルを売り、高金利リスク通貨を買うドルキャリー取引が活発化する。海外マネーの流入で通貨高になると、インフレが抑制され、海外マネーをさらに呼び込む。資源輸出国なら商品相場上昇と相まって、経常赤字が円滑に賄われ、ますます通貨高になる。

次のページ>> 想定より鈍い回復
1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


為替市場透視眼鏡

FX、外貨投資家のニーズに応えた為替投資家向けコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、為替相場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「為替市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧