ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

8月以降に景気回復へ
経験値とグローバル連携で競合他社の追随を許さない
富士ゼロックス社長 山本忠人

2009年8月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
富士ゼロックス社長 山本忠人
撮影:住友一俊

──鉱工業生産指数が5月まで3ヵ月連続で上昇するなど、製造業の生産調整が一巡した。景気は回復局面に入ったのか。

 事務機業界では、景気の遅行指標として、プリントボリューム(事務機で印刷される紙の枚数)の多寡に注目している。それによれば、6月には最悪期を脱した。すでに、景気は底打ちし、8月以降は回復へ向かうだろう。

 もっとも、回復は弱含みだ。重要顧客である自動車産業の設備投資、工場稼働率が平時の水準に戻ったわけではない。依然として、企業のコスト削減に対する要請は強く、一般的に売上高の3%を占めるといわれる事務機関連コストは、真っ先に削られるコストだ。市場環境は厳しい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧