ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「婚迷時代」の男たち

「派遣切り」「産休切り」で増殖!?
若さと美貌でエリート男性を狙う「婚活姫」たち

西川敦子 [フリーライター]
【第9回】 2009年5月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「ここ!ここですよ!雑誌に載っていたおしゃれなダイニングバー。このお店にしません?」

 男女数名のグループは、お互いさっき合コンで知り合ったばかりだ。2次会にいい店を知っているから、というひとりの女性の先導で銀座のはずれまで足を運んだ。ところが、店構えを見た途端、男性陣の表情はいっせいに凍りついた。豪華な調度に黒服のスタッフ。見るからに高そうな店だ。

 「うーん、ここはちょっと……」
 「あ、あのさ。今日は持ち合わせがあんまりないから、割りカンじゃダメかな」

 すると、案内してきた女性は露骨に不機嫌な顔になった。

 「みなさんならこういうお店、慣れていらっしゃると思ったからお連れしたんですけど。だいたい割りカンにしようだなんて。普通、女性にそういうこと言います?!」

 さすがにカチンときた男性メンバーが女性をいさめた。

 「その言い方ってないんじゃない。そもそも、人にたかろうっていう考えが下品だと思うけど」

 次の瞬間、男性はとっさに自分の頭をかばった。女性が手にしていたブランドバッグでいきなりはたいたのだ。

 「何よ!エリートを気取ってたくせに!信じらんないっ」

 彼女は立ち去り、残された男女はとぼとぼと大衆居酒屋へ移動した。女性陣の足取りはいまいち重たかったという――

若さと美貌だけではもう勝てない!?
「婚活姫」たちの誤算 

 「リッチな男性と思ったら、すり寄って“おごって攻撃”を仕掛ける。結構いますね、そういうタイプ」

 こう話すのは、「婚活」としてのイベント合コンや趣味合コンを開催するラブ・ライフバランス研究所の運営会社Rush代表取締役 水野真由美さん。合コンセッティングサービスRushの創設者であり、著書に「見切りの早い女 すぐにあきらめる男」(宝島社)がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
西川敦子氏の最新刊!「ワーキングうつ」

ダイヤモンド・オンライン、アクセス数ナンバー1の人気連載を大幅加筆・修正し遂に書籍化!「職場うつ」から休職→退職→再就職困難→生活保護という、急増する「貧困への負のスパイラル」を断ち切るための5つの方法を紹介。1500円(税別)

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


「婚迷時代」の男たち

仁義なき最新の婚活事情から、結婚をビジネスにする企業、結婚生活や離婚の実態までを徹底取材。「結婚」という2文字に翻弄される男たちの姿を追う。はたして「結婚」は男を幸せにするのか――。

「「婚迷時代」の男たち」

⇒バックナンバー一覧