フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者の ためのなんでも相談所」を運営する志賀さんのマニラレポート。日本でも、子どもたちに大人気のふりかけ。ごはんにソースやポン酢をかけておかずにしてしまうというフィリピンの子どもたちも、例外ではない。フィリピンではまだ少し高値だが、味の素のように定番食品になれるか!?

 我が家の日本食を保管するキャビネットは、ややもすると長いこと放置され、せっかくの食材が賞味期限切れになっていることが多発する。なにしろ炊事役のヤヤ(メイド)はそれが何であるかわからないから、私自身が食卓に引っ張り出さないことには日の目を見ることがないのだ。

キャビネットに眠っていた子ども用ふりかけが大人気!

 先日、たまたま日本食キャビネットを開けてみると、2、3年前にしまったまま湿気ってしまった海苔が大量に出てきた。賞味期限切れどころか腐敗しているおそれもあるので廃棄したが、そのとき発見したのがディズニーのキャラを使った永谷園の子ども用のふりかけだ。

 誰かにいただいたものだが、封も開けずに放置されていた。賞味期限は若干過ぎていたが、乾物であるし二重に封もしてあるので、よろしかろうと子どもたちに振舞った。そうしたら、「おいしい」と皆が目を丸くしていたのだ。

 ふりかけがフィリピン人の好物だということは以前から認識していたものの、すっかり失念していた。魚や卵、海苔やゴマなどを原料としてできているのだから健康に悪いはずはない。野菜嫌いの子どもたちには絶好の栄養補給になりそうだ。

 そもそもフィリピンの子どもたちは、ご飯が主食であり副食でもある。ご飯におかずのソースをかけて味をつけて食べるのが普通で、 他にはなにもいらないくらいだ。KIAN(仕事の相棒ジェーンの息子で今年幼稚園入学)もご飯にポン酢をかけて食べるのが定番で、おかずがなくてもケ チャップや醤油があれば何とかなってしまう。そんな食習慣にふりかけはぴったりで、醤油に比べればよほどましだ。

ゲストからお土産にいただいたディズニーキャラのふりかけ【撮影/志賀和民】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。