橘玲の世界投資見聞録 2014年2月27日

モロッコの砂漠でであったほんものの「ノマド」
[橘玲の世界投資見聞録]

 ずいぶんむかしの話だが、私が大学生の頃はポストモダンというのが流行っていて、みんなが「スキゾ」とか「パラノ」とか呪文のように繰り返していた。「スキゾ」はスキゾイド(統合失調症)、「パラノ」はパラノイア(偏執病)のことだ。

 近代社会はどんどんパラノイアっぽくなって、生きるのが苦しくなってくる。だったらスキゾになって、パラノな社会に対抗しよう。そんなふうに世間のしがらみを軽々と越えていくのがスキゾキッズだ。

 こういう新奇な用語は「新人類の神々(@朝日ジャーナル)」の筆頭だった浅田彰が広めたが、もともとはフランスの哲学者ジル・ドゥルーズと精神分析学者フェリックス・ガタリの2人が言い出したことで、『アンチ・オイディプス』という分厚い本を持ち歩くのがポモ(ポストモダン)のお約束だった。もちろん、なにをいっているのかさっぱりわからなかったけれど。

 「スキゾ」「パラノ」といっしょに流行したポモ用語が「ノマド」だ。これは北アフリカの遊牧民のことで、パラノな世界に定住し、権力関係にしばられてにっちもさっちもいかない人生を送るよりも、遊牧民のごとく常に移動し、知の領域を軽やかに横断し、欲望という蜘蛛の巣にからめとられないよう疾走し続けることがポストモダン的な生き方だとされた。浅田の「逃げろや逃げろ、どこまでも」という標語もいまは懐かしい――恥ずかしくてもう口にはできないけど。

 「スキゾ」「パラノ」は死語になったけれど、「ノマド」はいまも健在だ。最近では会社に属さず、特定のオフィスも持たず、移動しながら自由に働くライフスタイルを「ノマドライフ」とか「ノマドワーカー」といったりするらしい。

 なぜいきなりこんな話を始めたのかというと、モロッコの砂漠でほんもののノマドに会ったからだ。

サハラ砂漠に落ちる夕陽(砂嵐のため防水ケース越しに撮影)(Photo:©Alt Invest Com)

次のページ>> 砂漠の民と遊牧民


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。