ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

マケイン完敗!オバマの驚くべきインターネット活用術

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第7回】 2008年7月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 いわゆるインターネットの視聴率を調査するニールセン・ネットマーケティングが7月初め、2人の大統領候補のウェブ上のアピールについて興味深い調査結果を発表した。
 
 6月の1ヵ月間で民主党大統領候補バラク・オバマのサイトに訪れた人の数は約230万人。一方、共和党候補ジョン・マケインのサイトの訪問者は約56万3000人。その差は4倍に達したというのだ。

 また、インターネット・マーケティングでも大きな差が出ている。他のサイトにイメージ広告を出す数で、オバマは6月に1億507万インプレッションを獲得したのに対して、マケインは850万インプレッションと後塵を拝している。

 もうひとつ、2人の支持者の違いを浮き彫りにしているのは、「バズ」がどこで起こっているかだ。「バズ」とは人々の話題に上ること。同調査によると、ブログでも掲示板でも、オバマのバズはマケインの倍以上だが、マケインはブログで口にされる方が掲示板より多いのに対して、オバマは掲示板でのバズの方が高い。つまり、オバマについては、ブロガーがブツブツと独り言を言っているのではなく、ミュニティーで支持者たちが意見を交わしているさまがよくわかるのだ。

「オバマ」を話題にしたい人たちに
アプリケーションも提供

 オバマのインターネットのサヴィー(洗練)ぶりについては、よく語られるところだ。オバマはよくジョン・F・ケネディの再来と言われるが、その表現はメディアの使い方においても当てはまる。

 ケネディが当時勃興したばかりのテレビビジネスにうまく便乗しアピールしたように、オバマはインターネットが広がる、まさにその波に乗って、集まってくる人々をうまくまとめ上げる技に長けているのである。

 中でもオバマが得意とするのは、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)だ。インターネットを利用した最初の大統領候補者は、2004年に民主党候補として出馬したハワード・ディーンだが、当時彼の支持者がよく利用したのはミートアップだった。ミートアップは趣味や志を同じくする人々が、まずはインターネット上で出会い、その後オフラインの会合で仲間意識を固めようというものだった。だが、今や舞台はもっと機能を複雑化させたSNSに移っている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧