ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界のビジネスプロフェッショナル 経営者編

エスティ・ローダー
[エスティ・ローダー創業者]

謎に包まれたコスメの女王

【第30回】 2008年5月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

エスティ・ローダー

 アメリカにおける化粧品の女王エスティ・ローダー(1908~)が送った若き日の人生のほとんどは、謎に包まれている。はっきりしているのは、ローダーが1924年におじの「シックス・イン・ワン」というコールドクリームを売ったことから化粧品の事業に乗り出した、ということだ。1944年になるころには、結婚し、ニューヨーク市にオフィスを構え、そしてサックス・フィフスアベニューの中に化粧品店を開いていた。

 ローダーは1947年、正式にエスティ・ローダー社を設立。株式公開の要求に逆らって、会社を身内の目の届く範囲におさめながら、その販売とマーケティングに対する恐るべき才能を発揮して、会社を強力に引っ張っていった。1963年には、売上高が予想通り4000万ドルとなり、利益も400万ドルを記録する。1972年に、息子のレナードに経営の座を譲った。1999年になると、エスティ・ローダー社は100点以上の製品から30億ドル以上の売上高を記録するようになっていた。

生い立ち

 エスティ・ローダーは1908年、ニューヨーク市クイーンズに生まれる。名前はジョセフィーン・エスター・メンツァー、9人きょうだいの末っ子だった。父親は金物店を経営していた。

 おじで化学者でもあったショッツ博士を通して、若いローダーは化粧品事業に足を踏み入れることになった。ショッツの事業、ニューウェイ・ラボラトリーズが設立されたのは1924年だ。博士がつくるさまざまな外用そして内服用の水薬(家畜についたノミの駆除剤、ペンキ剥がし、ニス、強壮剤などもある)のなかに、美容のための薬剤もいくつか入っていた。ローダーは「シックス・イン・ワン」や「ショッツ博士のウィンナクリーム」といった名前の製品の販売を手伝った。

 1930年にジョー・ローダーと結婚するものの、1939年にはすでに別居していた。その後の調停によって、結婚そのものは1942年まで続く。

成功への階段

 そしてこの年、ローダーは化粧品の販売にその全精力を注ぐ決心をした。おじの製品の販売を続け、1944年2月にはニューヨーク市の60丁目東39番地に自分のオフィスを構えている。

 そのあとすぐ、ローダーはボンウィット・テラー・デパートのフロアに売り場を確保した。そのときさらに高い目標を立てる。その目標はサックス・フィフスアベニューの中に店舗を持つことだった。サックスの化粧品仕入れ係のボブ・フィスクに、ローダーの店舗はサックスにふさわしいはずだ、と訴えた。

 ところがフィスクはいい顔をしなかった。サックスの顧客がローダーの製品を買うわけがない、というのがその理由だった。これにひるむことなく、ローダーはウォルドーフ・アストリア・ホテルでの講演の機会に製品を無料配布して需要をつくり出した。フィスクにもう一度掛け合い、ついに説得することに成功した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
「ザ・ビジネス 世界で最も偉大な経営者」好評発売中!

ジャック・ウェルチ、ビル・ゲイツ、松下幸之助ほか世界的な名経営者52人から学ぶビジネスの極意。彼らの生い立ちと、思想体系をコンパクトに凝縮。ビジネスパーソンとしての教養と見識が確実にレベルアップする1冊。2940円(税込)

話題の記事


世界のビジネスプロフェッショナル 経営者編

世界のビジネス界をリードした、偉大な経営者たちの生い立ちと実績を紹介。ジョブズ、ウェルチ、ゲイツ、ゴーン、孫正義、盛田昭夫、松下幸之助、本田宗一郎ほか。

「世界のビジネスプロフェッショナル 経営者編」

⇒バックナンバー一覧