フィリピン 2014年3月7日

フィリピンの退職者ビザ制度を使ってコンドミニアムを購入
日本人退職者のトラブル事例

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さんのマニラレポート。PRAの退職者用プログラムでは、「退職者ビザ」取得のために預金した預託金をコンドミニアムの購入代金に転用できる。利用者も多いが、それを利用する段でのトラブルが続発しているという。その注意点は?

 フィリピンの特別居住退職者ビザを取得できる「SRRVクラシック・プログラム」では、35歳以上50歳未満の場合5万ドル(約500万円)、50歳以上の場合2万ドル(約200万円)を定期預金してビザを取得した場合、その預託金をフィリピン国内のコンドミニアム購入代金に転用することが認められている。

 だが現実には、預託金を引き出す段になって、コンドミニアムの開発業者がPRA(フィリピン退職者庁)の要求する書類を用意できないというトラブルが発生している。

完成間近のJAZZは、マカティのサルセドビレッジ間近という好立地に開発された巨大プロジェクトだ【撮影/志賀和民】

 

退職者保護のために退職庁が課している条件とは?

 PRAは退職者の保護のために下記の条件を開発業者に課しているが、この条件を開発業者がクリアできないのだ。

1) 売り手の名義で個々のコンドミニアム・ユニットのタイトル(CCT/登記)が存在すること

2) 180日以内にタイトル(CCT)を買い手名義に変更するとともに、PRAの許可なしに勝手に売買できないという趣旨の裏書をすること

 PRAはまた、「購入の対象となるコンドミニアムは価格が5万ドル(約500万円)以上で、かつ居住可能であること」という条件も課している。この「居住可能」の意味は、物理的にコンドミニアムが完成しているとともに、タイトル(CCT)が売り手の名義で存在しているということだ。

 新規開発のコンドミニアムでは、それが完成してからタイトル(CCT)発行の手続きが開始される。したがって、コンドミニアムができあがっているというだけではPRAの定義する「居住可能」とみなすことはできない。さらにPRAは、ユニットのタイトル(CCT)を180日以内に退職者名義に書き換えるという覚書(Undertaking)の提出を求めているが、種々の事情により開発業者がそれに対応できない場合がある。

 一方、未完成のコンドミニアム(Pre-Selling)でタイトル(CCT)が存在していなくても、そのプロジェクトがPRAに認定(Accredit)されている場合にかぎっては、預託金の転用が認められる。PRAは開発業者から履行保証書(Performance Bond)などの提出を求め、退職者が安全に購入できることを確認したうえで認定している。

 したがって、退職者が預託金を使用してコンドミニアムを購入する場合、事前にPRAに相談してその物件に適用可能かどうか(タイトルCCTが存在しているか、あるいはPRAの認定物件か)を確認する必要がある。

 開発業者(あるいはエージェント)は、タイトル(CCT)の不在やその他の不利な条件を明らかにせず、売らんかなの姿勢で迫る。これでは契約後、いざPRAに書類を提出する段になって、開発業者がいつまでたっても書類をそろえず、いたずらに時間を浪費することになりかねない。支払い済みの予約金や契約金の一部が宙に浮いてしまうことさえある。

コンドミニアムはいまだ建設中だが、1階にはすでにハイパーマートなどが開業していた【撮影/志賀和民】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。