ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座

年収&条件アップ交渉はどうすればうまくいく?
失敗を招くNGワード、成功する魔法の言葉

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]
【第17回】 2014年3月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「いまの会社と同額の年収が希望です」が
OKワードの場合、NGワードの場合

 「希望年収はいくらですか?」

 面接官は候補者に対し気軽にそう聞きますが、これは面接結果を左右しかねないかなり重い質問です。多くの人はこの質問に対しこんな風に、遠慮がちに答えます。

 「いまの会社では600万円もらっているので、同額の600万円が希望です」

 要は現在と同じだけの年収を希望する人が多いのです。その答えが正解になるかどうかは転職のパターン次第で、ある場合はOKでも別の場合はNGとなります。

 もし同業他社への転職であれば、同額希望で何も問題はありません。企業にとって中途採用は候補者の経験を買うもので、売上と利益にどれだけ貢献してくれるかがポイントです。いままでの経験を入社したその日から活かせる同業他社への転職では、「前職では600万円だったので、今回は700万円以上が希望です」と言ってよいでしょう。

 しかし異業種への転職で、これまでの経験が50%しか使えず50%は新しく学ばなければいけない転職の場合、前職と同じかそれ以上の給料が欲しいというのはおかしいと採用側は考えます。パフォーマンスが半分に落ちるのに、前の会社と同じ給料がもらえるという理屈は成り立ちません。前職の年収は1つの目安ではありますが、なぜその水準を要求するのかという根拠が必要なのです。

 ところがこのロジックを理解していない方が意外といるものです。これは自分の仕事にどの程度の価値があるか見積もりをせず、漫然と給料をもらっている人によく見られる傾向です。ひどい人になると「前職の同期が700万円もらっていたから私も同じ年収が欲しい」と根拠にならない根拠を持ち出して、ばっさり面接を落とされたりします。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]

1986年滋賀大学経済学部卒業後、リクルート入社。7年間人事担当採用責任者として新卒、中途、留学生、外国人など多岐にわたる採用を担当し同社の急成長を人材採用の側面から支える。退職後現社を設立。リクルートで実践した「企業力を超える採用」の実現のため1000社を超える顧客にそのノウハウを提供、さまざまな分野の支援を実現。また個人へのキャリアコンサルティングは1万名を超え、「個人の本気に火をつける」面談には定評がある。49歳。1963年生まれ、いて座。

 


これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座

かつては「35歳が限界」と言われた転職。しかし今では35歳以上のビジネスパーソンも転職ができる時代に変わりつつある。そんな35歳以上の大人が転職する際、人生の重要な決断を失敗しないためには、どのように行動すればよいのだろうか。これまで数多くの人の転職を成功に導いてきたキャリアコンサルタントの丸山貴宏氏が、実践に役立つ35歳以上の転職ノウハウを教える。

「これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座」

⇒バックナンバー一覧