タイ 2014年3月25日

タイ版「レモン白書2013」 現代タイ女子大生事情【第2回】本音トークの覆面座談会 “元”女子大生に訊け!

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部が、タイの現役女子大生および“元”女子大生たちの実像に迫る企画の第2弾。今回は、日本人の夫、上司、同僚、友だちと、日本人と関係の深い”元”女子大生3人の座談会。彼女たちが描く日本人像は?

 前回は、現役女子大生の本音アンケートを紹介しました。でも現役女子大生だけではもの足りないのでは? と危惧した『DACO』編集部では、職場や家庭で日常的に日本人と関わっている“元”女子大生3人を緊急招集! 彼女たちの知る日本人について深~く語ってもらいました。

タイのいまどき現役女子大生のアンケートはこちら


【座談会参加メンバー】
語学校:某日系語学学校で事務職に就くNさん24歳。未婚。
自動車:自動車関連の工場にてエンジニアとして働くRさん26歳。未婚。
ホテル:日本人も多く利用する5ツ星ホテル勤務のUさん32歳。日本人の夫を持つ。


「日本人と接する中で不思議に思ったことは何ですか?」
 
語学校:私の職場で今、「リラックマ」が流行っています。この前、生徒のリラックマの鉛筆を見つけた日本人の女の先生が、教室の反対側にいたのに走ってやってきて「かわいい~!」って叫んでいました。

ホテル: そうそう。日本人ってどうしてあんなに大げさなのかしら。女性に多いと思うけど、何に対してもリアクションが大きい気がするわ。ご飯を食べていても、大きな声で「おいしい、おいしい」って。どこに連れて行っても喜んでくれる。

自動車:私もその経験あります。私の会社の食堂ってあんまりおいしくないんですけど、日本から来た社員を連れて行くたびに「おいしい」って言いますね。

食堂つながりで思い出したのが、日本人の上司で食堂に一度も来たことがない人がいたんです。いつも奥さんが作ってくれたお弁当を食べていました。しばらくして、奥さんが日本に帰ってしまうと、お弁当を持って来なくなり、服もアイロンをかけないまましわくちゃで出社するようになって。私はそれを見て、日本人の奥さんはなんて面倒見がいいんだろう、って思っちゃいました。その上司も少しは自分でやってもいいのに、とも思いましたね。

それにしても、どうして日本人の男性ってみんなまゆげを剃ってきれいに整えているのかしら。この上司もきれいに整えているんですよ。シャツはシワシワなのに。

ホテル:うちのダンナもやっているわね。フェイシャルケア用品もいっぱい持ってるし。鼻毛抜きから、自分専用の手鏡とかも。 日本人の男性って基本的にファッショナブルよね。自分で髪の毛のセットするのも上手だし。どこに行くのにも、それに適した格好をする。

この前、野球を見に行ったときも、応援するチームのユニフォームを着て、それに合うキャップもかぶっていた。不思議だったのが、あれだけ時間をかけて髪をセットしたのに、どうしてキャップなんてかぶるのかしら(笑)。

日本人上司のまゆげとシャツが話題に。タイではジーンズにもアイロンを当てるほど身なりを気にするが、一方で足のすね毛を剃らない女性もいる。そのギャップも不思議だ。

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。