ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司
【第11回】 2008年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
京野友香 [大手食品メーカー社長秘書]

“顔”は口ほどにものを言う?
あなたもご注意!「人相、見られていますよ」

1
nextpage

 「あ~あ。時代劇に出てくる人みたいに『この人はいい人、あの人は悪い人』ってハッキリ見分けることができるといいですよねえ」

 取締役会でボスたちが不在になった秘書課で、少し緊張感が解けたのか、Z取締役付きの新人秘書がため息まじりにつぶやいた。

 「なかなかそういうわけにもいかないわよ。そんなことを言うなんて何かあったの?」

 先輩秘書が問いかける。

 「あ、はい。実は先日、当社へ資材を供給してくださっているL社のB本部長さんに失望した、というか腹が立った、というか……」

 「どうして?」

 「B本部長さんって一見したところ、人がよさそうでちょっと紳士的な感じがするじゃあないですか。ところが……」

 「ええ? それはヒドイ!」

 秘書一同驚く。

 「ですよね? それでうちのZ取締役が憤慨して文句を言ったらしいんですけど、まったく反省の色ナシって感じで」

 「うちのZ取締役が、というか我が社が完全にバカにされちゃってるってわけですか」

 「申し訳なさそうな顔をして、舌出してるんですよ、きっと!」

 「そういえば、ときおり意地悪そうな顔つきをすることがありますよねえ?」

人相が
第一印象を決める?

 「でも善人と悪人みたく明快に分けることができなくても、第一印象の良し悪しっていうか、人相みたいなのはありますよねえ」

 中堅秘書が口を開いた。

 「ある! ある!」

 一同大きくうなずく。ボスたちがいないことも手伝って、話がどんどん盛り上がる。

 「今までに第一印象がよくないと思った人って誰かいた?」

 そう、こんな問いかけに、いの一番に名前があがってしまう人っているものだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


京野友香 [大手食品メーカー社長秘書]

大学を卒業後、大手食品メーカーに入社。数年後、突然の人事発令により秘書課へ異動。社長秘書となる。


現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司

社長に取り入ろうとする人、メンツと肩書きにこだわる人、やたら口の軽い人、etc・・・。現役の社長秘書だからこそ見えてくる社内の困った上司たち。部下に慕われる人、嫌われる人、その違いをご紹介します。

「現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司」

⇒バックナンバー一覧