ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「デジタルな日常」を生きる

容易に真似できない日本の技術を集め、世界に発信
「精密すぎるiPhoneバンパー」の価値

松村太郎 [ジャーナリスト・著者]
【第15回】 2014年3月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
iPhone5s専用バンパー「SQUAIR」のボタン部分を拡大。各種ボタンなども同じ素材で作られているが、その境目に隙間を見つけるのは難しいほど精密だ Photo by Taro Matsumura

前回、Kickstarterで買い集めるスマートフォンやパソコン関連のガジェットについての話をご紹介した。大企業や資本力がなくても、アイディアを披露し、それを実現するためのクラウドファンディングプラットホームによって、世の中にない欲しいものを手に入れる手段となった。

 海外でより活発なクラウドファンディングの仕組みは、様々な技術が育まれている日本で、アイディアとそうした技術を結びつけて全く新しいモノを作り出すことができるようになれば、世界的にも非常にユニークな地域になりそうだ。

 日本人には自覚がないかもしれないが、Adobeの調査では「最もクリエイティブな国は日本」という結果が出ている。こうしたアイディアと確かな技術が結びつくと、その可能性は大きく広がるのではないだろうか。

精密すぎてiPhoneの誤差に翻弄される

 アイディアと技術が日本で融合した製品が、世界に紹介されている。岐阜にある株式会社DAQが発売するジュラルミンのiPhoneケース「SQUAIR」は、iPhoneに装着する吸い付くようなバンパーだ。iPhoneなどのスマートフォン向けには様々なアクセサリーが出回っている。中には500円で購入できるケースもある。そんななか、SQUAIRは2万4800円というプライスタグが付けられていた。

iPhone 5sのカラーに合わせ3色を展開している。価格は2万4800円(税別) Photo by T.M.

 iPhone 5s(スペースグレー)に装着したSQUAIRは、その一体感に全くの違和感が感じられない。iPhone 5/5sのエッジが出ている四角いデザインはおなじみであるため、縁が滑らかに丸みを帯びた外見から、別のAndroidスマートフォンなんじゃないか、と間違われるほどだ。

 DAQのCEO、後藤鉄兵氏はiPhoneと同じ色のバンパーを選んで欲しいとしており、「ケースもファッション的に考えて、キチンと色を合わせてコーディネートして最高のデザインを狙いながら作っている」と語る。色味も本体のカラーに合わせて濃淡を調整し、雰囲気を損なわず、影と柔らかみのあるデザインを実現している。しかししっかりとした剛性感の高い、精密に削り出された金属だ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

松村太郎[ジャーナリスト・著者]

まつむら・たろう/1980年生まれ・米国カリフォルニア州バークレー在住のジャーナリスト・著者。慶應義塾大学政策・メディア研究科卒。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)、キャスタリア株式会社取締役研究責任者、ビジネス・ブレークスルー大学講師。近著に「スマートフォン新時代」「ソーシャルラーニング入門」など。

 


「デジタルな日常」を生きる

スマホ、SNSなど、毎日の暮らしに欠かすことのできなくなったネット環境とデジタルツール。その一方で、セキュリティやプライバシーの問題、ツールへの依存、ネットコミュニティとの関わり方など、日々新たな問題が現れ、状況は変化している。私たちは「デジタルな日常」をどう生きていけばいいのか、米国シリコンバレー在住の記者が、生活者の目線で解説する。

「「デジタルな日常」を生きる」

⇒バックナンバー一覧