橘玲の世界投資見聞録 2014年3月13日

地中海の地図を見ると分かる
北アフリカ・カルタゴとローマ帝国との確執
[橘玲の世界投資見聞録]

 小学生の頃からずっと地理が苦手だった。理由は単純で、地図を見てもそれぞれの地域をうまくイメージできなかった――すなわち「地図の読めない子ども」だったのだ。

 それが変わったのは、大人になって旅をするようになってからだ。「聞くと見るとは大違い」とはよくいったもので、実際に自分の足で歩くことでその土地の歴史が見えてくる。たとえば韓国の釜山から対馬、壱岐を経て佐賀の唐津や伊万里まで足を延ばしてはじめて、朝鮮半島の文化や工芸がどのようにして日本列島に伝わったかを実感できる。現在は国境によって隔てられているが、古代には朝鮮半島の南部と九州北部はひとつの文化圏をかたちづくっていたのだ。

 同じような驚きは地中海の旅でも、スケールをひとまわり大きくして体験できる。

地図から分かる地中海の覇権争い

 私たちは、ヨーロッパとアフリカを別の大陸だと当然のように考えている。イタリアやスペインはヨーロッパで、モロッコやチュニジアはアフリカの国だ。

 アフリカについてすこし勉強すると、北アフリカとサハラ砂漠以南(サブサハラ)は人種や民族、文化・歴史が大きく異なることがわかる。北アフリカはイスラムの国で、南に下るほどキリスト教の比率が高くなってくる。北アフリカの原住民であるベルベル人は混血が進んだ結果、南ヨーロッパの人々とほとんど区別がつかない。

[参考記事]
●古代ローマ時代からひもとく、北アフリカのベルベル人の来歴

 そうはいっても、ヨーロッパとイスラムの国はまったく違うのではなかろうか。だがこの“常識”も、実際に北アフリカの地に立つとたちまち崩壊してしまう。乾燥した土地にオリーブを植え、羊を育て、肉や野菜をトマトソースで煮込み、ピザのような丸パンを主食にする北アフリカの生活はシチリアや南イタリアと瓜二つだからだ。

 それも当たり前で、7世紀にイスラムの支配下に入るまで、北アフリカはずっとローマ帝国の属領だった。

 古代アフリカの中心だった海洋都市がカルタゴで、現在のチュニスから東に10キロほどのところにある。

 ここでちょっと説明しておくと、日本では世界史の授業で「カルタゴ」と教えられるが、これはラテン語のCarthagoのカタカナ表記で現地ではまったく通じない。アラブ語では「カルタージュ」、フランス語は「カルサージュCarthage」で、これを知らないとタクシーの運転手に場所を指示することもできない。古代ローマ人は「カルタゴ」と呼んでいたのだろうが、現地で通用しない発音を教えるのは混乱のもとだ。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。