ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネスユースからレジャー・観光ニーズに拡大ホテルの新ジャンルを切り開くファシリティとソフトに注目

三井ガーデンホテルズ

ホテルの新ジャンルを切り開く
ファシリティとソフトに注目

著者・コラム紹介
1
nextpage

開業30周年を迎え、三井ガーデンホテルズが勢いを増している。相次ぐ出店と新ライン展開の狙いを、運営会社である三井不動産ホテルマネジメントの石田健・代表取締役社長に聞いた。

──今春以降、三井ガーデンホテル(MGH)の開業が相次ぎます。

石田 健 三井不動産ホテルマネジメント 代表取締役社長

石田 3月7日にMGH大阪プレミアがオープンしました。25日にはMGH京都新町 別邸、さらに7月にはMGH柏の葉、15年新春に東京・銀座にミレニアム MGH 東京を開業します。

──新ホテルの特色を教えてください。

石田 大阪には、MGHの第1号であるMGH大阪淀屋橋があります。30年前の開業当初から好評を頂いていますが、ホテルに要求されるファシリティはこの間、大きく変化しました。そこで、洗面・浴室・トイレの水回り3点を分離するなど、大阪プレミアには最新の設備を導入。ソフト面でも、MGH銀座プレミアで培ってきたノウハウをさらに進化させ、より高い満足を提供していきます。

 京都新町 別邸は、客室の8割以上がツインルームで、観光・レジャー客がメインターゲットです。旧松坂屋京都仕入店の跡地ということもあり、その趣と旧建物の部材を生かした外観と内装が特長です。人工炭酸泉の大浴場や京地野菜を供するレストランも備え、古都の隠れ家的な情緒を醸し出します。

──一方、MGH柏の葉は開発中の新しい街に立地しています。

石田 つくばエクスプレス・柏の葉キャンパス駅前ですが、4月より順次オープンの柏の葉ゲートスクエア内に、成長する街の発展のため7月に開業します。周辺には教育・研究機関や病院、工業団地があり、ビジネスユースを中心に宿泊施設の整備が急務でした。コミュニティの中核施設の一つとしても機能する設備を有します。

──ミレニアム MGH 東京は、ミレニアムの日本進出第1号としても注目ですね。

石田 ミレニアムはシンガポールに本拠を置くホンリョングループが運営するホテルブランドの一つで、世界に100以上のホテルを擁しています。以前から三井不動産と共同事業を展開しているご縁と、MGH銀座プレミアの運営実績が評価されたことで、日本進出に際して手を組むことになりました。当社としても、グローバル展開のノウハウを獲得するよい機会になると期待しています。

1
nextpage

[PR]

DOLトップへ
お問い合わせ先

株式会社三井不動産ホテルマネジメント

TEL:03-5205-3131

www.gardenhotels.co.jp




DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧