ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

ダビング10は、誰にとってメリットがあるのか?

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第33回】 2008年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 いよいよダビング10がスタートすることになった。地デジの複製に関する問題は、数年前から延々とすったもんだが繰り返されている。ダビング10で、問題がすべて解決しているとは言い難いが、良い方向に向かう第一歩といっても過言ではないだろう。

 ダビング10を簡単におさらいすると、録画した地デジの番組データを、9回書き出せる機能だ。最後の1回はムーブとなって、録画したレコーダーからは消えてしまう。

 それまでは、基本的に1回ムーブできるだけだったのに比べると、大きな進化だ。ダビング10登場に合わせて、レコーダーやテレビパソコンが対応をアナウンスしている。いわゆる「ダビング10待ち」で買い控えていた人もいるだろう。では、ダビング10が始まると、どんな使い方にメリットが出るのだろうか。今回は、ダビング10がどんな用途に役立つのか検証していくこととしよう。

ハードディスクの
利便性にはかなわない

 番組データの書き出しと言えば、当然ディスクを思い浮かべるのが普通だ。DVDやBDディスクに書き出して保存版のライブラリを作ろうと考える人は多いはずだ。こんな用途には、まさにダビング10が向いている。もし不安なら、複数のディスクに書き出しておくこともできる。ただ、実際にハードディスクレコーダーを使いこなしている人に話を聞くと、使い慣れてしまうと、とてもディスクで視聴する気にはならないという。僕も気持ちはよくわかる。大量のテレビ番組を記録しておき、好きなときに再生できるハードディスクの利便性に、ディスクはかなわないのだ。

 ダビング10では、携帯機器への書き出しもとても便利になりそうだ。携帯電話や携帯音楽プレーヤーに番組を書き出して、外出先で視聴できるようになるだろう。特にアナログ画質でのコピーなら回数制限もない。まさにダビング10向きの作業だが、実は、レコーダーの得意分野とはいえない。レコーダーでは、購入後、数年経って登場した最新携帯機器に書き出せる可能性は少ないだろう。この作業は、テレビパソコンの得意分野だ。ドライバーを追加すると、あらゆる機器がつながり、テレビ番組を転送できる可能性も高い。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧