ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
アマデウスたち

会田 誠
毒をもって現代アートに風穴を開ける

週刊ダイヤモンド編集部
【第59回】 2008年12月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
会田 誠
写真 加藤昌人

 半分に切断された四肢に包帯を巻き付けた裸体の美少女が、首輪をはめられ、鎖につながれながらも無垢な表情で、雪月花を愛でる。代表作である「犬」シリーズ三部作のモチーフだ。透徹した美と嗜虐性が並置され、鑑賞者に、ただ漫然と眺めることを許さず、思考を強要することはあっても、賛美や共感を求めはしない。

 翼賛芸術家たちへの強烈な皮肉を塗り込めた「戦争画リターンズ」シリーズ。ホームレスが住み家を追われた東京・新宿駅西口に、段ボールを積んでよみがえらせた「新宿城」。縊死の道具でありながら、その機能を果たさない「自殺未遂マシーン」。絵画にとどまらず、パフォーマンスアートから漫画、小説まで創作ジャンルは広く、作風は七変化する。

 ドイツのヨーゼフ・ボイスのように、芸術と社会の関係性を大上段から問いかけはしない。だが、会田作品のすべてに散りばめられた毒は、人びとの意識を、社会を、時代を、びりびりと刺激せずにはおかない。

 歴史を塗り替えたものにこそ価値がある――気鋭の共通認識が、欧米で現代アートを花開かせ、美術を衰退から救った。対して「趣味的、感覚的に過ぎるのではないか」と、日本の現代アートを憂う。誰かが波風を立て、風穴を開けなければならない。

 「本当は主体性のない人間。そんなしんどいことをやりたいわけじゃない」。確信犯的に、トリックスターを演じているのだ。

(ジャーナリスト 田原 寛)

会田 誠(Makoto Aida)●現代美術家。1965年生まれ。東京藝術大学美術学部絵画油画専攻卒業、同大学院美術研究科修了。村上隆らと並んでネオジャポニズムを代表するアーティストの一人。ニューヨークのICP(国際写真センター)で開かれている展覧会に立体作品と写真作品を出品中(2008年9月7日まで)。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


アマデウスたち

様々なジャンル、フィールドで活躍する異才にスポットをあてて紹介する。自身の原点となったコト・モノをはじめ、自身が描く夢まで素顔の異才達が登場する。

「アマデウスたち」

⇒バックナンバー一覧