創続総合研究所
会社にお金を残す節税対策
【第13回】 2007年12月27日
著者・コラム紹介 バックナンバー
高橋敏則 [公認会計士、税理士]

調査官には卑屈にならず、かといって奢らず対応

 さて当日、実際に調査官がやってきました。

 このとき、まず調査官とこちらは対等な立場だということを自覚しましょう。

 たしかに、税金を取るほうと取られるほう、国家権力を背景にしている人と一般市民という違いがあります。だからといって、必要以上におどおどして卑屈な態度を取るのは考え物です。

 逆に、調査官に対して横柄な態度を取る人もいます。これもよくない。

 公僕とはいえ、相手の調査官も人間ですからね。

 ふんぞり返って偉そうな態度を取られれば調査官も嫌な印象を持ちます。互いに同じ人間同士、必要以上に卑屈にならず、かといって奢らず高ぶらず。いわば当たり前の人間づきあいだと思えばいいんですよ

脱税していなければ
びくびくすることはない

 社長さんが調査官にびくびくしちゃうというのは、ようは税金を追徴されるんじゃないか、という心配から来ていることもあると思います。その心配もわからなくはないです。

 けれども脱税をしていなければ、そんなに恐れる必要はないでしょう。
調査官は、グレーのものをシロかクロかといえる力は確かに持ってます。だけど、さすがにシロをクロとはいえないんです。

 だから、重箱の隅をつつくような調査をされて、仮に売上の漏れなどが見つかったとしたっていいじゃないですか。本来はちゃんと税金払うはずだったものが、たまたま漏れちゃってただけ。

 これは脱税とは違います。

  • 1
  • 2

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS

高橋敏則 [公認会計士、税理士]

1956年、千葉県生まれ。中央大学商学部卒業。79年、公認会計士二次試験合格後、外資系会計事務所、監査法人を経て独立し、高橋会計事務所を開設、現在に至る。中小企業の経理・財務・税務の指導を行うほか、相続税コンサルティングに従事。各種セミナーの講師としても活躍中。

 


会社にお金を残す節税対策

税理士まかせじゃ節税できない。稼いだカネは自分で守れ!この方法なら、税金はまだまだ減らせる!課税売上高が引き下げられた消費税対策にも完全対応。

「会社にお金を残す節税対策」

⇒バックナンバー一覧