タイ 2014年4月3日

タイ版「レモン白書2013」 現代タイ女子大生事情【第3回】日本人のどこが好き? どこが嫌い?

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部が、タイの現役女子大生に行なったアンケート結果の後半。「日本と日本人」についての、彼女たちのイメージが見えてきます。

 タイの現役女子大生の本音に迫る「マナオ白書(タイ版レモン白書、マナオはレモン、熟す前のちょっとすっぱいの意味)2013年版」の後半です。
 アンケートに答えてくれた女子大生52人の構成や、前半のアンケート結果はこちらの記事をご覧ください。

●参考記事
いまどきのタイ女子大生が一番大切なものとは?

 今回は、とくに日本と日本人に対して、彼女たちが持つイメージ、興味のある点などを聞いてみました。

日本と日本人について

 タイの女子大生は日本を、日本人をどのように見ているのか? 将来日系企業で働いたり、日本人と付き合ったりする可能性はある? 彼女たちの「日本」を探ってみました。

Q1. 好きな日本のドラマや映画は?
◆アニメ
『となりのトトロ』(2人)
『ドラえもん』(2人)

(以下、1人の回答)
『名探偵コナン』
『花田少年史』・感動した。いつ見ても何度見ても涙が出てくる。一路~。

◆ドラマ
『ごくせん』(4人)
・努力や信じること、友情の大切さを教えてくれた。
『1リットルの涙』(3人)
・やる気を奮い起こさせてくれるドラマ。
『BLOODY MONDAY』(2人)
・まったく飽き させない展開。どんでん返しがいっぱい。

(以下、1人の回答)
『おしん』
『ランチの女王』
『GOOD LUCK!!』
『プライド』・木村拓哉が好き。
『ラスト・フレンズ』
『花より男子』
『CHANGE』・タイの政治と似ている。いろいろな考えを教えてくれる。
『薔薇のない花屋』
『プロポーズ大作戦』・何にしてもすぐ実行できない人に、考えるヒントをくれる。
『リッチマン、プアウーマン』・主人公の男女が協力しながら成長していく姿に惹かれた。

◆映画
『いま、会いにゆきます』(2人)

(以下、1人の回答)
『三丁目の夕日』・映像が美しく、ストーリーも心を奪う。
『世界の中心で、愛をさけぶ』
『嫌われ松子の一生』・涙がとまらなかった。悲しくて心が震えた。次の朝もまだ震えていた。
『恋空』・とても悲しい映画。

◆その他……勘違い
『HACHI 約束の犬』(アメリカ映画)
『ハリー・ポッター』(アメリカ映画)
韓国映画、ドラマ(3人)


Q2. 日系企業で働きたい? どうして?

◆働きたい……………………35人
・給料や福利厚生がいいから(8人)
・キャリアアップにつながるから(4人)
・日本企業のシステマチックなところが好き(4人)
・機会があれば(4人)
・日本の文化や日本人が好き(3人)
・日本語を勉強しているので活用したい(3人)
・日本に行ってみたい(2人)
・日本人は時間に正確で規則正しいから(2人)

(以下、1人の回答)
・自分の律し方を学べると思うから
・会社が能力だけでなく、努力や勤勉さ、我慢強さも見て評価してくれるから

◆働きたくない……………………13人
・日本人の性格(規律に厳しい、神経質)と合わない(6人)
・欧米の企業がいい(2人)

(以下、1人の回答)
・日本が嫌い
・日本人は日本人同士で働きたがっている
・被雇用者になりたくな

◆その他……………………4人
・どっちでもいい(2人)
・回答なし(2人)

日本企業で働きたいという声が大多数。タイ社会では、キャリアアップのための転職は日本よりずっと盛んだ。日本研修後にすぐ辞めて転職という、企業にとってはちょっと困った事例もある【撮影/「DACO」編集部】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。