フィリピン 2014年4月7日

フィリピンのエリートはどのような大学で学んでいるのか?――フィリピン名門大学事情

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者の ためのなんでも相談所」を運営する志賀さんのマニラ報告。今回は、フィリピンのエリートたちが通う名門大学事情。

 退職者の方が入院している関係で、サント・トマス大学(University of Santo Tomas, UST)を訪れる機会があった。USTといえば1611年に設立されたアジア最古の大学で、4万2000人の学生を擁するフィリピン最大の大学でもある。マニラ市内の繁華な場所にある約25ヘクタール(7万5000坪)のゆったりしたキャンパスは学生であふれ、いかにも大学という雰囲気があった。

サント・トマス大学の構内にある付属病院はフィリピン大学などと並んで、フィリピン有数の病院だ【撮影/志賀和民】

 UST出身者には、ケソン、オスメニア、ローレル、マカパガル(アロヨ前大統領のお父さん)などフィリピン共和国の初期の大統領の名が連なる。ケソン大統領はケソン・シティの由来でもある。ちなみにローレル大統領は日本がフィリピンを占領していたときの傀儡政権で、今では歴史から抹消され、道路などの名前にもなっていないのでめったに耳にすることはない。英雄ホセ・リザールもここでも学んでいる(彼は大学を3つ出ているそうだ)。

フィリピンナンバーワン大学は国立フィリピン大学

 ちなみにフィリピンでナンバーワンの大学は押しも押されもせぬ国立フィリピン大学(University of the Philippines、UP)で、フィリピン国内に10校を有し学生総数は5万人を超えるが、単独の大学としてはUSTに席を譲る。ケソンシティに500ヘクタール(150万坪)近い広大なキャンパスを構えるUP Diliman校は旗艦大学として2万5000人の学生を擁し、幾多の国家的指導者を輩出してきた。

サント・トマス大学構内の遊歩道では、ミリエンダ(おやつ)をとる学生がくつろいでいた【撮影/志賀和民】


 フィリピンの歴史に名を残す第10代大統領マルコスを筆頭に、マニラの大通りの名前でおなじみのRoxas(ロハス)、Quirino(キリノ)は第5代と6代の大統領、現在の副大統領Binay(ビニャイ)もUPの出身だ。UPの学生は国家や社会の指導層になるべく育てられたエリートの集合体で、その誇りと自信はなみなみならぬものがある。なんでも一番にならなければ気が済まず、組織の中でトップになれないとさっさとやめてしまう。UP出身者なら、ある程度経験を積みさえすればいくらでも転職先はある。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。